富士見L文庫<br> 紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
紅霞後宮物語 第零幕 二、運命の胎動

  • ISBN:9784040724461

ファイル: /

内容説明

軍人として覚悟を決めた小玉は、異例の速度で昇進し、二十歳にして校尉となっていた。そんな小玉のもとに、眉目秀麗にして武科挙に合格した英才が配属される。三歳年下のその男・文林は、何かと小玉と衝突して――?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

73
再読。16歳だった小玉がハタチになり、望まぬ戦で意に沿わずがんがん出世していく。文林ともようやく出会い記念すべき邂逅の瞬間?も描かれる。お互い印象最悪だけど、小玉が文林を見直していく過程以上に文林が小玉にどんどんハマりこんでいく!(…ようにファンには見えている筈。笑)ただただ受け身だった零幕1巻と違い、守るべき部下や仲間ができ小玉が生きるべき道を見つけていく姿が良い。また文林目線が入ることで、小玉を冷静に見た有能さや異端っぷりが客観的に分かる!まだまだ気になる人物との対面が待っていて楽しみ。2020/08/09

あっか

62
本作の主人公、小玉と文林の出会いの話。ほうほう、こんな雰囲気だったのね。まだ、ただこじれているだけで素直で純粋な(に見える)、しかも小玉に敬語を使っている文林が新鮮♡本編3巻まで読了済みでこちらを読みましたが、あの人の元気な姿を見るたび切なくなってしょうがない…刊行順に読むべきだったかな^^;今回も、小玉の性格をそのまま表したような、クスッと笑えるざっくりした文体が小気味よくガンガン読み進めちゃいました。外伝、続くのが嬉しい!2018/09/22

さくらさくら

57
文林さんやっと出てきました。面白い。さぁ次巻だ!2019/04/22

よっち

42
軍人として生きる覚悟を決めた小玉は男運に恵まれない一方、異例の速度で昇進。仲間や上官にも恵まれ、職務に邁進していた小玉のもとに新しい部下が配属される小玉と文林、出逢いの物語第二弾。着々と形成されてゆく軍人として邁進し始めた頃の小玉と部下となった文林の邂逅は、最初はいかにもそうなりそうだなあという距離感と、それが変わってゆくいくつかのきっかけがあって、つまるところ小玉は率直だし文林は意外と素直なんですよね。ここからさらにどんなことがあって二人の関係がどう変わっていくのか、続巻が楽しみになるエピソードでした。2017/09/15

だりあん

37
小玉の未来の旦那様、文林登場。…これからいろいろこじらせて、あの皇帝が出来上がっていくのね…。2018/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12225914

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。