バンチコミックス<br> プリニウス 5巻

個数:1
紙書籍版価格
¥814
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

バンチコミックス
プリニウス 5巻

  • 著者名:ヤマザキマリ【著】/とり・みき【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 新潮社(2017/02発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107719546

ファイル: /

内容説明

謎の風来坊・ラルキウスの冒険譚に好奇心を刺激されたプリニウスは、居ても立ってもいられず、未開の大地・アフリカへの旅を決意。大地震からの復興を急ぐポンペイを後にして、一行は船上の人となる。しかし、嵐に見舞われて地中海は大荒れ。遭遇した不穏な難破船には、正体不明のカラス使いの子供が……。ようやく辿り着いた島では、一行を歓迎するかのごとく、火山が盛大に噴煙を巻き上げる――。いざ新しい冒険の始まりへ、待望の第5巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

150
イベントの【猫と読書】がらみになるのかもしれません。プリニウスがある老人の話を聞いてアフリカまでいきたくなり、ロバと猫と二人の書記を連れて行きます。さらに途中で男の子とカラスが加わって地中海の火山島に取り残されます。今回はとり・みきさんが活躍のようですね。巻末対談が楽しめました。2017/02/14

wata

62
火山は脅威だっただろうに大興奮のプリニウスさん、そんなに近くに行ったら危ないですよ‼2017/05/31

くりり

53
アフリカ冒険に船出したプリニウス一行。ワンピースは求めてないが、火山好き(笑)2017/05/29

阿部義彦

41
待ちに待った最新巻、発売日に購入しました。プリニウス一行は衝動的に行先の無い旅に出ます。私の好きなカラスの新キャラの登場!人間以上に動物達の魅力的なこと!「見ろ 陸の動物達は種類が違っていても こうして身を寄せるて寝るのだな… 人間だけが目を覚ましてないのが興味深い」子供も加わった一行、船にも置いてけぼりをくってこれから、どうなるのか?早く次が読みたい!2017/02/11

またおやぢ

33
あれっ!もしかして次巻で物語は完結するのかな。それにしては新たな登場人物がでてきたし、なんか色々なエピソードが散りばめられており、どうやって伏線を回収するのかが大変気になるシリーズ第5巻。いくら博物に興味があっても、噴火している火山の河口には行かんやろ…って、昔の人ならあり得るのか?そうなのか?2017/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11468524
  • ご注意事項