ビッグコミックス<br> ホムンクルス(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
ホムンクルス(6)

  • 著者名:山本英夫【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2015/05発売)
  • 2020読書週間 Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

▼第52話/女▼第53話/心中▼第54話/吸引▼第55話/足音▼第56話/月光▼第57話/退行▼第58話/オフィス▼第59話/決別▼第60話/朝食▼第61話/幻●主な登場人物/名越進(34歳。新宿西口のカーホームレス。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように)、記号の女子高生(本名・ユカリ。通称1775。全身が有りとあらゆる“記号”で構築されている。アンクル・カット[自傷行為]をしている)●あらすじ/全身が“記号の粒”で出来た女子高生と再会し、車中、記号の迷宮に巻き込まれた名越は、彼女を無理やり抑えつけて“初接続”を試みる。一度は大人しくなった記号だが、すぐに名越が過去に寝てきた女たちの姿に形を変えて反撃を開始。名越の局部をつかみ、口々に「ニガサナイワヨ」と呟き始めて…(第52話)。●本巻の特徴/ついに“記号の女子高生”の核心に辿り着いた名越。摩訶不思議な一夜は、彼らの身に何をもたらす…!?