ビッグコミックス<br> ホムンクルス(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
ホムンクルス(13)

  • 著者名:山本英夫【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2015/05発売)
  • 2020読書週間 Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術によって、
人間の潜在意識がホムンクルス(化物、歪なカタチ)として
見えるようになったカーホームレスの名越は、
それが自らの心の歪みと呼応していることを知り、
封印していた過去と向き合うことを決意する。

方言や顔へのコンプレックス、下ばかり見ていた青春時代、
唯一、心を見てくれた彼女「ななこ」と付き合っていたこと、
整形手術をして外見をまったく変えたこと、数字を操り金とモノに
まみれたエリート銀行員時代、その時に寝た女の数々…
次々に過去が判明しだした途端、ホムンクルスが見えなくなった名越は、
ホムンクルスなしでは既に日常を生きられず、今度は自らの手で
再びトレパネーションを決行した。

「異形」の日常を取り戻した名越は、銀行員時代に出会った女「ななみ」と
出会う。顔がコロコロ変わるホムンクルスのななみと何度か会ううちに、
名越は彼女が、整形した後のモトカノ「ななこ」ではないか?と疑念を
抱くようになる。

様々な証拠から、「ななみ=ななこ」であると確信を深めた名越は、
その真相を突き止めようと対峙するが…!?