イシュタルの娘~小野於通伝~(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

イシュタルの娘~小野於通伝~(7)

  • 著者名:大和和紀【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2014/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063803860

ファイル: /

内容説明

この国の平安と、愛する人の無事を願う於通(おつう)の内なる戦いは続く!! ――文禄の役を強行した秀吉(ひでよし)。武将たちが肥前・名護屋(ひぜん・なごや)に集結し、女たちが残された大坂城――。淀の方(よどのかた)、再び懐妊の知らせに、城中が沸き立つそのとき、於通の目に、衝撃の光景が映り……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しいたけ

68
於通の物語ではあるけれど、淀の方の物語にもどうしたってなってしまう。生きることに、自分に流れる血を残すことに、必死で必死で哀れでならない。2019/11/04

wata

44
秀吉はどんどんおかしな方向へ。淀君は元々好きで秀吉と一緒になったわけではないし…執念の人です。2016/04/30

はつばあば

38
そう簡単に子供がデキるものか・・いやいやこの地でも27才の女性に80才の宗教画の絵師に子供ができたと。男とはホンに哀れなものじゃ2016/06/28

くりり

36
茶々の執念!「務めよ!」ついに壊れてきた秀吉2016/06/20

momogaga

33
レンタル。後の春日局(おふく)が登場。若いときからアグレッシブです。2019/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6726470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。