イシュタルの娘~小野於通伝~(10)

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

イシュタルの娘~小野於通伝~(10)

  • 著者名:大和和紀【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2014/12発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063804454

ファイル: /

内容説明

天下を二分する大戦へ時代が揺れ動く中、於通(おつう)は大切な人を守るため立ちあがる!! 豊臣(とよとみ)忠義の将・石田三成(いしだ・みつなり)の蟄居により、権勢を増した徳川家康(とくがわ・いえやす)が、ついに戦端を開く!! 戦によって人々が引き裂かれる中、於通は信尹(のぶただ)と共に戦を避ける手立てを模索するが……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しいたけ

74
いよいよ関ヶ原の戦いに突入するこの巻。なんといっても、真田父子の今生の別れが切ない。真田丸を観なかったことを後悔することが、日々の暮らしの中でもう何度目かになる。後悔せねばならぬもっと重大なことが幾つかあるというのに。イクツカアルの娘。2019/11/04

wata

56
関ヶ原の巻でした。家を残すため真田兄弟も敵と味方に。どの家も生き残るため大変な時代だったのね(・・;)家康に三成、利家、真田、小早川、時代は変わっても同じような人、今も居るような…2016/05/01

はつばあば

43
関ケ原の戦い・・戦国の世にあって家を残す為の虚々実々の駆け引き。それにしてもガラシャの時世の句は悲しい。三成如きに負けるようなお方じゃ無いだろうに・・父や婿の嫉妬に疲れたのでしょう。同じく淀君は・・悲しいかな今一つ時世を読めなかった。時代を動かすのは、男を手玉に取るのはお江与か、頑張れ男子誕生まで(^^♪2016/07/03

くりり

37
関ヶ原の戦い、家康の狸親父っぷりと真田一族の飄々とした力強さ、それに引き換え小早川と徳川の息子は...2016/07/03

オカメルナ

34
秀吉が逝き物語は関ヶ原の合戦に入る。真田親子がとにかく良い!ただ、この先の彼らの運命を知っているだけに何だか切ない。戦国の女性たちは男達に負けることなく魅力的な人が多い。信幸の正室小松もその一人。たまたま先月読んだ『戦国の姫君を歩く』にも書かれていたエピソードが本書にも描かれており、彼女のことをもっと知りたいと思った。石田光成は処刑され、いよいよ家康の独壇場となって行く。於通はどうなって行くのだろうか。2014/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8357235

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。