たいようのいえ(1)

個数:1
紙書籍版価格
¥471
  • 電子書籍
  • Reader

たいようのいえ(1)

  • 著者名:タアモ【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 講談社(2012/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063656220

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい--」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

85
基面倒見よすぎ!そして涙もろいw真魚のこと少しでも意識してくれたらいいなぁ2011/04/03

wata

58
両親からも必要とされない、帰る場所がない真魚(T_T)それでも近所に「中村さん家」があって良かった。2016/06/22

くりり

58
無料、絵が可愛くて前から気になってたけど、意外と重い話だった。でも”まぎょ”可愛い!!2016/05/07

まろんぱぱ♪ 

41
あーおっさんには眩し過ぎる(笑)ちょっと歳の離れた幼なじみ。まだ、恋とは言えない。お互いに家族が崩壊し、心が放浪する。心身ともに安息の場所の「家」に住むことになる二人。まぁ、そこはKCの少女マンガ、いきなり大人な展開ありません。じっくりと、心と人との繋がりを再生する話なんでしょう。じっくり読んでいきますよ(^_^ゞ2017/04/27

パンジャビ

33
絵で即決してKindle無料版をDL。どこかで見たんだよなーTSUTAYAレンタルで、もしかしたら目立つ所にあったのかも?だって読メ登録数も結構多いもんねえ。人気作なのかな?これは一読して自然に、続き読みます!って感じの話だった。今年のデザート3月号で一応完結、4月号からは番外編とな?初のオリジナル長期連載とな?講談社漫画賞受賞とな?ほー。真魚の寂しさと、基の温かさ&寂しさがこれからどうブレンドされていくんだろ。真魚は完全に基に好意を自覚してるけど、基自体は妹としてしか見てなかったのね。普通そんなもんか。2015/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/631904
  • ご注意事項