蟲師(10)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

蟲師(10)

  • 著者名:漆原友紀【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063145373

ファイル: /

内容説明

降幕の刻。「光の緒」「常(とこしえ)の樹」「香る闇」、そして前後編からなる降幕話「鈴の雫」――眩き4編、ヒト知れぬ生命達の脈動と共に。広大無辺の妖世譚――その幕がついに降りる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

63
再読。帯にある降幕の刻という文言に揺さぶられる。蟲が人を(結果として)助けてくれる前半の二話。そして蟲に近づかざるを得ない人間の業を描く『香る闇』。最後の物語は、人間と蟲、世界とギンコが歩む方向を語るかのようで哀切だった。救ったものも救えなかったものも沢山いたが、それはギンコが多くの人々や蟲たちと関わったから。蟲師という物語に一旦の幕が降りた。愛蔵版も求めそうだなぁ(苦笑)2016/12/15

47
蟲師、降幕。1巻を読んだ時からその世界観に引き込まれ、アニメ版と並行して読み進め、一息に駆け抜けたが、本当に良かった。ただ淡々と、小川が流れるように進んでいく物語はどこまでも静かで、しかし力強く心を震わせる。山が多くの人を苦しめたこともあれば、人も多くの山を殺してきた。時は残酷に流れ、失ったものは取り戻せないが、人が自然を美しく思う限り、人は山の一部であり続けるだろう。最終話「鈴の雫」で描かれた、深く、遠く、壮大な自然の神秘に、しばし遠い目になる。いつまでもいつまでも読んでいたかった。2019/12/04

キジネコ

47
この宇宙の真を担わんとする理、調和を摂めんとする理は自然の守護者「ヌシ」を配剤する。ある時は人ならむものを、又ある時はヒトそのものを。蟲師シリーズは困難なテーマに立ち入り物語としての分かり易さを一旦おいて哲理の探索行に踏み出した様に見えます。理とヌシとヒトの関係性、物語の感興の濃度に大きな変化をきたした様に感じました。私も祖母から蟲切をされたことがあったことを思いだしました。確かに掌から白い糸に様なものが数本出てきて、それを摘み取った祖母の手際を覚えています。疳の蟲封じ、小児の頃疳性だったそーです。終話。2019/10/14

Mizhology

42
10巻完結だったなんて(/_;) 蟲って文字で読まず嫌いしてたけど、読み出したら止まらなかった。独特のほっこりした世界観。お祖父ちゃんやお祖母ちゃん、伝承の優しい感覚だったのか。とてもあたたかい居心地よいお気に入り作家さんが増えて嬉しいです。2013/09/30

まりもん

24
友人に借りて読了。えっ最終巻だったの?という気がしてしまう感じだったのでさりげなく数年後に続きを出して欲しいな。2012/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558420

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数10件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす