蟲師(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

蟲師(5)

  • 著者名:漆原友紀【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063143614

ファイル: /

内容説明

この世はヒト知れぬ生命に溢れている――。動物でも、植物でもない不可思議な生命体――“蟲”。かつてこの国には、実体はあっても、一般には目に見えない“蟲”を見ることができ、それらが引き起こす人智を超えた現象を解き明かす“蟲”と呼ばれる者たちがいた。これは、白髪で片目の蟲師、ギンコの物語である。カラー原稿はすべてカラーで収録。眩き5編「沖つ宮」「眼福眼禍」「山抱く衣」「篝野行」「暁の蛇」に描き下ろしを加えた、作品史上最厚の一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲンショウ

54
古本、拝読。過ぎたちから、知識の罠、理を超えた出来事。知らぬが故の幸せ…。知識と記憶は、人を縛り、また人を幸せにもする。折り合いながら活きて逝くしかないのかな…?山抱く衣と暁の蛇が好きです。2013/03/31

キジネコ

41
蟲師は十全を目指すヒーローではありません。善を標榜する賢者でもない。蟲の仕業を必ず封じることも叶わない様です。情報の収集者の側面を持ち、ヒトの周辺で起きる不可思議の背後に蟲の影を認める能を養う。5でも人が生きる糧に差す懊悩のリアルな影を見せてくれました。生まれ変わりを繰り返して愛する人と生き続ける閉鎖した島の話。見え過ぎる光の世界で失い続けたモノを闇の世界が安堵する話。記憶が一つ又一つと消えていく不安と怖れに慄く女の心に残されたものは…切なくて美しくて、余韻の大変心地よい5編。この世界は異界ではない。2017/08/17

眠る山猫屋

41
再読。前巻が少し哀しい物語が多かった気がするからか、今回はより希望が見える暖かい物語が揃っていたかな。『篝野行』『暁の蛇』といった、人間の心の強さ弱さが切り取られているよう。他の物語も、異界と接した時の人の有り様が、やっぱり心の在り方によるという流れが好きだなぁ。2016/11/20

あっちゃん

22
数年ぶりに再読。そうだった…この巻はあんまりスッキリしない話が多いんだった…。でも色々と考えさせられますね。2013/09/23

MTTとろろ@ご無沙汰でした

19
蟲にとって人に寄生するのは生きるため。人もそんな不思議な生き物に知らず知らずのうちに囲まれながら、生きるために生きている。何かを望む代償は、やはり大きいのだなと思いました。気付かないうちに、人間も動物に対して大きな代償を負ってるのかも、と考えてしまいます。2012/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/558415

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数10件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす