スキップとローファー(7)

個数:1
紙書籍版価格
¥748
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

スキップとローファー(7)

  • 著者名:高松美咲【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 講談社(2022/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065281475

ファイル: /

内容説明

地方から東京の高偏差値高校に首席入学した美津未は、勉強こそできるものの、過疎地育ちゆえに同世代コミュ経験がとぼしい。そのうえちょっと天然で、慣れない都会の高校はなかなかムズカシイ! だけど、そんな「みつみちゃん」のまっすぐでまっしろな存在感が、本人も気づかないうちにクラスメイトたちをハッピーにしていく! 物語は1年生を修了して2年生の幕開け。新しいクラスメイト達と新しい関係性を築き始めて……なんだけど、そんなに簡単じゃない。友達になりたい人となれるのかなんて、すぐにはわからないし気づけない。美津未の周りでいろんな人がいろんな気持ちを巡らせて…そしてついに特別な瞬間がやってくる! TVアニメ化も決定して各メディアから広く深く注目を集める共感度MAXのスクール・ライフ・コメディの最新第7巻は、ときどき不協和音スレスレだけど友情をしっかり育みます!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

18
第二学年のスタート。クラス替えで起こる期待と不安。それは誰しもが経験したことのある期待と不安だからこそ、読んでいて感情移入が止まらない。仲のいいメンバーと離れたことで、自分自身の輪郭が改めて浮き彫りにされる。ゆづの涙も、まことの涙も、痛いほど理解できるからこそ、こちらの涙腺も緩んでしまう。そして、終盤に訪れた不意の告白! ただし、不意に見えるだけで、クラス替えの結果生じる二人の心境の変化を丁寧に描いていたことに気付かされ、さすが!とも思わされる。2024/07/14

ジロリン

18
進級によるドキドキのクラス替えは、まさかのゆづだけバラけるという展開…からの、彼女の過去の黒歴史をえぐり出す新クラスメイト達とのやり取り。「私は恵まれている」と自覚してるが故の〈女子としての生き辛さ〉が凄く上手に描かれている。普通に親切だと思ってた男子の〈親切〉は異性としての下心あってのモノだった…というエピが痛烈だ。そして、そんな〈下心〉からの映画のお誘いとかで傷ついたゆづに寄り添おうとするまこととのやり取り。ここは登場人物ともども涙腺崩壊しますな。そしてゆづとまことをなぞったような新キャラも登場し…2022/06/23

しましまこ

16
ラストなんて軽い!私も「えっ?」だよ。どうなるんだろ。2022/06/25

ちょこ

15
結月みたいにルックスに恵まれて色んなものを持ってる人の悩みって共感されるどころか嫌みに思われたりするから難しいよなあ。だからこそ、結月の内面にもスポットライト当ててくれるのありがたいし群像劇としてぐっと解像度が上がるよね。そういうとこ好きだなあ。タイプが全然違う結月と誠が仲を深めてくとこもグッとくる。結月の話が7巻のハイライトかと思ったらラストで叫んでもうた。みつみは友達として誤魔化せる範囲で言ったつもりだけど志摩くんたらちょいちょいちょーい!思ってたより展開早いな。うまい引きだわー。2023/09/20

JACK

14
☆ 高校2年になった春、せっかく仲良くなった仲間たちもクラス替えでバラバラに。美津未は新しいクラスに馴染めず、結月は新しく出来た友だちとの関係に傷ついていた。楽しいことも沢山あるけど、楽しいだけじゃない。青春の悩みは深くて辛い。読んでいて泣かされます。そして最後の衝撃的な展開には驚かされました。そりゃあ地球から飛び出るわね。オススメ。2023/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19813549
  • ご注意事項