スキップとローファー(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

スキップとローファー(6)

  • 著者名:高松美咲【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 講談社(2021/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065257791

ファイル: /

内容説明

岩倉美津未、15歳。東京の高偏差値高校に首席入学! それを機に上京した彼女は、勉強こそできるものの、過疎地育ちゆえに同世代コミュ経験がとぼしい。そのうえちょっと天然で、慣れない都会の高校はなかなかムズカシイ! だけど、そんな「みつみちゃん」のまっすぐでまっしろな存在感が、本人も気づかないうちにクラスメイトたちをハッピーにしていく! そわそわするバレンタインの季節から気づけば1年生も残りわずか、大切な友だちと過ごす高1ライフを一日一日ゆっくり大切に。各メディアから広く注目を集める共感度MAXのスクール・ライフ・コメディの最新第6巻は、ときどき不協和音スレスレだけど友情も恋心もゆっくり加速しつつ、いよいよ第1学年課程修了です!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

18
安定の面白さ。2021/11/27

みるく

17
これ読んでて毎回思うけど(もう一回高校生やってみたいなぁ)てくらい楽しく読める。実際高校生だってさ死ぬほどの悩みとか抱えてるんだけどさそれでも楽しそうに思えるのよ。大人の立場としてはナオちゃんの気持ちが痛いほど分かる。2021/12/08

ジロリン

14
やはりハイライトは〈ミカの告白〉でしょう!彼女の感情の変化を描き切る演出が神!迎井君と言い争った後の般若の形相…からの「私の好きな人は私の事を絶対好きにならない」と冷静に分析できてしまう時の虚ろな表情…からの「男子って/私からチョコもらうの気持ち悪くないかな…」と迎井に尋ねるいたいけな子供のような姿…からの「よかった/私/恋とかして/いいんだ」と号泣する場面…本人達はまだ知らないが、それはいつか〈キラキラした思い出の一場面〉になる。それをナオさんに〈いつかその日を思い出す日〉が来る事を語らせる上手さよ…2021/11/26

葉鳥

9
バレンタインと学年末。どの話も可愛くて可愛くて、ぎゅっと切なくて…。ミカのバレンタインが等身大でいいな。見えてる部分が全てじゃないから難しいよね。勢いの告白だけど、コンプレックスやトラウマと向き合えてよかった。みつみのMy Birthday...に安心する。「ゆっくり大人になろうよ」にキュンキュンした。ナオちゃんゴロチャンの話も山田の話も好きだった。2022/01/08

9
バレンタインデーは、この手のお話では必須科目になった。この「告白して相手にも問う」というスタイルは実は世界的には珍しく、大抵は玉砕に終わるのだが、それを温かく美しく描けるのかが問われることでもある。そして1年生が終わり、紡ぎあげたコミュニティは一旦、かどうか。去年のみつみならば考えなかっただろう処に進化というか退化というかが表れる。いや、他のみんなにも。2021/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18993165

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。