ビッグコミックス<br> 新九郎、奔る!(10)

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
新九郎、奔る!(10)

  • 著者名:ゆうきまさみ【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 小学館(2022/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098613687

ファイル: /

内容説明

今川お家騒動「交渉編」、波乱の最終局面!

新九郎と太田道灌の交渉を経て、
今川家の家督を巡るお家騒動は
一旦休戦―――と思いきや、
両陣営の一部には不満を持つ者も。

ひとまず居を移した姉・伊都と甥の龍王丸。
その矢先、二人の命を狙う賊が侵入し、
敵の矢に新九郎の家来・才四郎が倒れて……

家来の、家族の命の危機に
新九郎がくだした決断とはーーー!?

今川お家騒動「交渉編」の幕引き、
そして長きに渡る「応仁の乱」にも突如
“終わり”の兆しが!?

新たな時代の胎動が聞こえる第10集!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

96
今川家の家督争いは新九郎の仲裁で一旦は収まったかのように見えたが、この戦国前夜の時代、そう簡単に事態は安定しない。姉の伊都とその息子・龍王丸(氏親)の身の危険を察した彼は妙案を思いつく。それは二人を京へ連れていくこと。ということで舞台は再び都へ。関東での争乱がさらに不穏になったことを機にある策略を巡らせようとする新九郎の顔付き、いやあほんとキリッと悪い顔してた。知略のパラメータが高くなってきている。そして6人目の家臣・多米(多目)と再会して布陣が整いそう。さらに聡明丸や予告ではあの人も再登場。次も楽しみ。2022/05/14

六点

73
応仁の乱は、グダグダのままに終了した。畠山義就は撤収のついでとして河内国へ乱入するなど、戦乱は地方へ拡散していく。長尾景春や太田道灌、畠山義就を深掘りできないのは、著者にとっては「ああ、勿体ない」と思うんだろうな、と、著者のメタコマを見てそう思う。次巻の広告に「『家督』の魔力」とあるが、既に、その魔力が遠くの方から姿を表しつつある。巻末に唐突に現れる細川聡明丸殿は、美幼児から美少年にクラスアップしたが、相変わらず、セリフがサイコさんでたまらぬ。足利義尚は、「あの最期も宜なるかな」と言わんばかりであった。2022/05/13

ナギ

23
応仁の乱は終戦へ。京ではなく地方での戦火へ移行していく。そんな中、帰京した新九郎は今川家の当主を龍王丸にすべく奔走する。新たな時代も予感させる中、将軍の御供衆に任じられる。2022/05/13

にぃと

11
応仁の乱、終結。いまいち終わった感がないし、もう一度振り返った方がよくなってきたかも。 そして今川家のお家騒動も一段落。母親となった伊都が以前にもまして強く逞しくなっている。こっちもこれからもう一波乱あるだろうし、どんな歴史になっていくのか期待したい。 終盤に登場したのは聡明丸?なんだかすごく美人な感じ。今後どんな風に物語に絡んでくるのか楽しみだ。2022/05/14

毎日が日曜日

10
★★★★2022/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19564128

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。