ビッグコミックス<br> 新九郎、奔る!(3)

個数:1
紙書籍版価格
¥759
  • 電子書籍
  • Reader

ビッグコミックス
新九郎、奔る!(3)

  • 著者名:ゆうきまさみ【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 小学館(2020/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098605217

ファイル: /

内容説明

応仁の乱編クライマックス!兄弟の運命は?

応仁の乱が膠着するなか、将軍の弟・義視と京を離れていた新九郎の兄・八郎が帰京。
優しい面差しから一転、顔に大きく入った刀傷に伊勢家の面々は驚く。
一方、義視は戻って早々、兄・義政に諫言、激怒させてしまい、その立場を危うくしていた。
しかし、八郎は義視こそが「次の将軍に相応しい」と語り、伯父・貞親や父・盛定への怒りをあらわにする。
そんな兄の態度に不安を隠せない新九郎だが……

天下の足利兄弟の不仲が伊勢家の兄弟仲に影を落とす。

そして姉・伊都の輿入れの夜、

彼らの命運を分ける事件が起こる―――!

激しく胸震える、慟哭の第3集!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

83
伊勢新九郎(北条早雲)の一代記。今村翔吾さんの「じんかん」を読み、戦国の少し前の時代に興味が湧いたのでこちらを手に取って3巻まで一気に読んだ。いやあ面白い。ゆうきさんらしいキャラの良さもあるが話の先が気になって読むのが止まらなかった。少年期は応仁の乱の頃。新九郎は伊勢宗家の縁者として室町幕府近辺におり、魑魅魍魎な世界を肌で感じながら成長していく。3巻は彼にとって大きな出来事が。それはまるで少年でよかった時代の終わりが告げられたかのようだ。次巻も楽しみ。2020/05/03

鱒子

64
友人本 仲の良い兄姉たちとの別れ。しかしこれが新九郎の将来の礎となるのでしょう。どの名家も分裂して争うことになってしまった応仁の乱。それぞれ是非もない選択とはいえ、生物としての生き残りには有利な作戦とも思いました。蜷川新右衛門jrのジェットストリームは笑った!2022/07/16

こも 零細企業営業

62
陣営がコロコロと変わるから、昨日の友が今日の敵となる。それに付いていけなくなった兄貴が呆気なく亡くなる。しかも身内の矢で射抜かれて・・ 武者狩りに遭って共に生き残った人達を見捨てられなかったと考えると、優しさが残ってたとも言えるか。。 叔父と甥の当主への報告に齟齬が発生してるのも中々に。 何かを守ろうとしてるかにもよるわな。。これ以上没落する訳にはいかない。 そして、応仁の乱で負けてる側の新九郎には、姉が嫁いだ今川家との関係、コレが重要なんだよね。2020/01/12

magurit

59
昼過ぎに届いて、一息で読み切った。ますます、混迷を呈する話。戦国大名の先駆けだからか、伊勢家と言うのがまだよく分からない。月刊誌から週刊に代わったので次巻は初夏らしい。 うーん、内容を覚えておられるかな?少し慣れてきた処だが、権謀術数絡みの話はやっぱり辛い(苦笑)。2020/01/13

アーちゃん

45
買ってすぐに読んだけれど、レビューを忘れていた一冊(^_^;)将軍兄弟の決裂、新九郎と八郎の別離れ(わかれ)、そして文明三年伊勢新九郎盛時十六歳、荏原に出立。新章に入る前の外伝「新左衛門、励む!」も面白かった。新左衛門恐妻家すぎて笑えます。そして応仁の乱の中、次巻に続きます。2020/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14872721
  • ご注意事項