バンチコミックス<br> 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 6巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 6巻

  • 著者名:磯見仁月【著】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 新潮社(2022/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107724724

ファイル: /

内容説明

フランス国王ルイ15世、倒れる――その報せはベルタンにとって盟友との別れを意味するものだった。同時にこれから運命を共にする者との出会いも――。王妃との謁見に向けて準備を進めるベルタンは髪結いレオナールに、ある約束を果たしてもらう。若い2人に引き継がれようとするフランスは運命の大きな転換期を迎えようとしていた――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

manamuse

19
夜中、感想を打とうとして寝落ちしてた…。表紙のルイ16?世…オーギュスト嫌い。ベルタン、名前で呼んでもらってよかったね〜!ニヤニヤしちゃった♡公妾の追放でベキューとはオー・ヴォワール。そしてマリー・アントワネットとお初にお目にかかります!ドレスがキラキラしててキレイ✨2023/01/16

軍縮地球市民shinshin

11
とうとうルイ16世即位。王妃マリー・アントワネットに謁見したベルタンは王妃付きモード商になるんだろう、多分。しかしよくフランスの風俗史を勉強している作家さんで、毎回感心する。今巻も大革命前のパリの描写が素晴らしい。2022/02/12

毎日が日曜日

7
★★★★2022/02/13

ミキ

6
いよいよって感じですね。ここまで早かったな。2024/01/28

縁側

4
ピッコマの無料配信分で読了。マリー・アントワネットの寵愛を受けたローズ・ベルタンの物語。ベルばらとは違いマリー・アントワネットが美女ではないのが残念な分(愛嬌はある)、デュ・バリー夫人がとても魅力的に描かれているのが新鮮。憎まれ役よりはこちらのデュ・バリー夫人の方が史実に近いのかも。いよいよベルタンがマリー・アントワネットと出会い、ここからヴェルサイユのモードの歴史が生まれていく2022/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19286674
  • ご注意事項