バンチコミックス<br> 傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 9巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

バンチコミックス
傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 9巻

  • 著者名:磯見仁月【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 新潮社(2023/11発売)
  • 2月2度目の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/25)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107726629

ファイル: /

内容説明

18世紀、パリ。王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの物語。王妃付きモード商として、流行のトップに立ち続けてきたベルタンに舞い込んだ報せ。それは働く女性にとって、革新をもたらすものだった。一方、アントワネットは、国を憂うルイ16世をよそに享楽に耽るように――。寵臣の気を引く為に、王妃がベルタンに命じた新たな装いは“舞踏用のドレス”!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aisu

17
マリー・アントワネットの生涯に沿って展開していくのですが、主役が仕立て屋ローズ・ベルタンだから、その視点がユニークです。次々作り出される流行も資料調べ、漫画家さん大変そうです。2023/11/14

manamuse

15
いや、キラキラしすぎでしょ…眼精疲労が…。表紙はカワイイのに、多々下手な所が気になる。もうこの辺で離脱。2023/12/13

軍縮地球市民shinshin

9
マリー・アントワネットの服装代が年間12億円も掛かっていたことに衝撃。この巻の舞台が1775年なので、まだ大革命まで時間がある。ベルタンの活躍でどんどん新しいドレスが生まれ、パリ社交界の流行になっていく、そんな話が続く。『ベルばら』にも登場したポリニャック伯夫人も重要人物として登場。ていうかポリニャック伯夫人て姉妹なのね。。。2023/11/15

ミキ

7
いよいよという感じですなぁー 次が楽しみ2024/01/28

毎日が日曜日

7
★★★+2023/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21625061
  • ご注意事項