角川つばさ文庫<br> 恐怖コレクター 巻ノ十七 消えた村

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川つばさ文庫
恐怖コレクター 巻ノ十七 消えた村

  • ISBN:9784046320667

ファイル: /

内容説明

ねえ、この商店街、なんか変だよね……?
どのお店も誰もいないのに、
服とか靴が、あちこちに落ちてるよ。
もしかして、いるはずの人が「消えちゃった」の!?

そのころ、雷太も加わり、旅を始めたフシギとジミー。
都市伝説の呪いを回収しようと訪れたある町で、
一人の少女からヒミツの目撃情報を聞く。
ヒミツが話していたという「村」に急ぐフシギたち。
そこで目にしたものとは!?
さらに、再び現れたマボロシによって、
衝撃の事実が明かされる――!?

【17巻収録の都市伝説】
開かずのロッカー/夢のにらめっこ/ゴム人間/赤い紙、青い紙/禁断の言葉/消えた村【小学中級から ★★】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

四乃森ゆいな

0
目的はただ「双子の妹であるヒミツを見つけ、捕まえること」のみ。そのため、他人が都市伝説に襲われようと、忠告はするもののそれ以上の干渉はしない。──これが今までのフシギでした。 ですが、巻数が増し、様々な人と出会い・街を旅してきたこともあり、フシギの感情も豊かになっています! 微笑んだときの顔が、本当に幼い子ども感が出てて……堪らんです!! そして、フシギたちを助けたフシギの兄『マボロシ』は、かつてフシギとヒミツが生まれ暮らした廃村『仟埜村』にて、衝撃の一言を告げます。 フシギが死ぬわけがないだろうと。2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18586514

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。