電撃の新文芸<br> リビルドワールドIII〈下〉 賞金首討伐の誘い

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader

電撃の新文芸
リビルドワールドIII〈下〉 賞金首討伐の誘い

  • ISBN:9784049130706

ファイル: /

内容説明

アキラが発見したヨノズカ駅遺跡の奥から現れた超大型のモンスター達――過合成スネーク、タンクランチュラ、多連装砲マイマイ、そしてビッグウォーカーは、その余りの強さにハンターオフィスから賞金首に認定される。
 規格外モンスターの討伐のため、集結する精鋭ハンター達。その中にはアキラ、そしてカツヤの姿もあった!
 書籍版オリジナル展開で贈る、大規模モンスター連続討伐ミッション! 書き下ろしエピソード「運の問題」も収録!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

17
ヨノズカ駅遺跡の奥から現れた超大型のモンスター。過合成スネーク、タンクランチュラ、多連装砲マイマイ、ビッグウォーカーが暴れ回る。そのせいで物資輸送が停滞して経済が停滞する。それでハンター協会はコレら超大型モンスター達を賞金首に認定する。それに群がるハンター達だったが、、返り討ちに遭い賞金首の値段がドンドン高騰。その金額と名声に釣られてさらにハンターが群がりアキラも討伐に参加するが、カツヤの組織の派閥争いに巻き込まれてしまう。そこで出てくる反カツヤのスラム出身の若手ハンターがアキラと共に討伐に向かうのだが、2022/09/22

じお

9
★★★☆☆ 出現した超大型モンスター達、高額の賞金首になったそれらを討伐するミッションにアキラも参加する、そこで指揮官として参加していたカツヤと再び会うのだが、どうせならサイも出してくれと思ったポストアポカリプスラノベ第6巻。面白かったです、シェリルが躍進を見せつつ、ちょっとずつ精神操作されてる人が増えてきてるわ、アルファが同僚(?)との確執を深めてきてるわ、カツヤとアキラ両方成長するわ、話が動いている感じがして良かったです、アルファみたいなのを狙う怪しい男も登場し、これからどうなるのか、気になるところ2024/01/09

ささきち

7
なんかさ今更ながらアキラが覚悟は俺が担当だからな!とかカツヤも色々と背負ったりしているのはよーくわかるのだが、この作品で1番覚悟を持って生きてるのはシェリルではなかろうか?スラムの人間だしアルファのようなサポートもなくただ自分の頭脳だけでここまでやっているんだぜ?と思うとアルファ達の支援を受けている野郎達恥ずかしくないんですか?と唐突に思っちまったぜ。その派生という訳ではないが、ヒロイン達も不憫というかね〜お互いが意識している相手に適当に扱われるのに興味のない相手から笑顔を向けられなんで自分じゃないだ!と2023/09/07

くろ

7
読み終わりました。 やっぱりコミュニケーションは大事だな!!!2023/08/06

コリエル

5
今回はMETAL MAXリスペクト回だった模様。この世界のAIケンカ腰がすぎるな絶対この後殺し合いじゃん。2022/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16479504
  • ご注意事項