電撃の新文芸<br> リビルドワールドIV 現世界と旧世界の闘争

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader

電撃の新文芸
リビルドワールドIV 現世界と旧世界の闘争

  • ISBN:9784049134902

ファイル: /

内容説明

高難度だが稼げる遺跡として名高いミハゾノ街遺跡を訪れたアキラは、工場区画で2人組の女性ハンターと出会った。
 旧世界風の扇情的なデザインの強化服を纏ったキャロルと、全身をコートで覆う飾り気のないモニカ。対照的な2人は「地図屋」として遺跡を調査していたのだという。
 彼女達との出会いの裏で、遺跡では大量の機械系モンスターがハンター達を排除すべくシステムを逸脱した行動を起こし始めていて――!?
 レイナやトガミとの再会。エレナとサラ、先輩ハンター達との共闘! 大人気ポストアポカリプス・バトルアクション。書籍版オリジナル展開で贈る、待望の新エピソード!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

17
高難度だが稼げる遺跡のミハゾノ街遺跡に挑戦したアキラは工場区画でマップを売る2人の女性ハンターと出会った。その2人は魔獣に襲われ片割れのキャロルはアキラと合流してアキラに護衛依頼を出して、なかなかに過酷な路だったがアキラは彼女を安全圏に送る事に成功する。その後、保険会社から救出依頼を出しているハンターを救いにエレナ、サラが参加するのでアキラも手伝う事になったのだが、そこにマップを売る2人組の1人モニカがとある区画の工場に探査に向かったハンター達に唯一の生き残りとして、その襲撃場所にアキラ達を連れて行くが、2022/09/22

じお

9
★★★☆☆ 新たに探索した遺跡で出会った女性二人組のハンター、キャロルとモニカ、彼女たちとの出会いの裏で機械系モンスターが暴走を始めていて、お色気枠追加のポストアポカリプスラノベ第7巻。まずまず、新キャラ登場とアキラの成長、そしてトガミ、レイナ共に成長の兆しと順当に話が進んでいる感、敵手の強さによって旧世界装備の凄さも垣間見えこの先アキラの装備のグレードアップが楽しみになりますね2024/01/16

ささきち

8
今回はまた新しい未発見の遺跡を探しに行くわけだが、遺跡は見つけたのだが遺物は回収できずに終わり何故この瞬間に暴れ始めた?という謎は残るのだが都市が生産していた機械モンスターが暴れ始めてしまい、それにエレナ達が巻き込まれたと勘違いしたアキラが痴女を仲間にして騒動に巻き込まれていく。今回は裏でアルファとかの機械側も動いていたし最初の遺物もどれでも一緒だからからのあの襲撃やん?最初からあの遺物を世に出そうとは思ってないレベルの物だった気がしてしょうがないのだがどうなんでしょ?てか前回のアキラ無双でアルファは 2023/09/07

くろ

5
読み終わりました。 ここに来てさらに面白くなってきた。 これからも期待ができるなこれは。2023/08/07

コリエル

5
『頭痛が痛い』的な同語反復のような癖のある文章はなかなか改まらないが、話はなかなか面白かった。レイナの決意は、細野不二彦のBLOW UPという漫画に、恵まれた富める者は、自分が恵まれていることすら正しく自覚出来ていないところが傲慢だという話があってそれを思い出させる。強くなれるといいね。2022/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17522838
  • ご注意事項