紛争でしたら八田まで(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

紛争でしたら八田まで(2)

  • ISBN:9784065194775

ファイル: /

内容説明

イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。タンザニアで窮地に追い込まれた彼女は、事件をどうやって解決するのか!? そして、イギリス、ウクライナからも彼女への依頼が! 世界に紛争がある限り、八田百合に休まる時間は…ない!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃむこ@読メ9年生

16
タンザニア編完結〜イギリス編〜ウクライナ編前編。テンポ良くその国の内情を解説し、抱える問題点を指摘する。イギリス編の貧困格差は近い将来の日本の姿でもありうるかもしれない。『マンガでわかる地政学』的な教科書として読んでみても面白い。2021/04/11

JACK

15
○ 知性と暴力で世界各地の紛争を解決する地政学リスクコンサルタントの八田百合。この巻ではイギリスの酒場での暴動、ウクライナのゼネコンと過激派の間の問題に立ち向かいます。散りばめられた外国語のキーワードが外国かぶれで知性の足りない人の発言に聞こえてしまう。軽い印象になって損しているのでは。百合の行動は知性が感じられず、軽いタッチの絵柄と相まってテーマに比べて浅い印象を受ける。ネゴシエーションなら「勇午」のようなヒリヒリした命懸けの緊迫感が無いと納得感が無い。行きあたりばったりな印象が拭えないのが残念。2020/07/02

uchi

11
女性版マスター・キートン、八田さんの2巻の舞台はタンザニアと英国、ウクライナ。各地の政治情勢と共に、毎度楽しみなのが八田さんの食べる現地料理で、今回はウクライナの豚の脂身の塩漬け、サーロが気になった2021/11/20

TaHi

8
クロアチアの事やbrexitの事が、八田さんを通す事で要点をつかみやすく、また、興味を持って読み進める事ができました。八田さんが食べるその国の料理も興味津々です。2021/05/24

コリエル

7
ディバイドされたものをユナイトするのが八田のチセイだが、保守的な傾向は世界中のトレンドで、国家間民族間の分断は当分止まらない流れになるだろう。コロナの猛威が吹き荒れた欧州ではアジア人差別なども記憶に新しく、八田の新たな解決案件となるかもしれない。2020/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16014300

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。