ちくま新書<br> 世界哲学史5 ──中世III バロックの哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
世界哲学史5 ──中世III バロックの哲学


ファイル: /

内容説明

ルネサンスこそ「世界と人間の発見」の時代であり、古代の「再生」であったとされて久しい。だが本当にそうだろうか。スコラ哲学の伝統を受容し、壮麗なる体系を構成したスアレスの哲学にも明らかなように、スペインのバロックは、中世の終わりというより、むしろ中世を完成し近代を準備したと言える。近代西洋思想は、イスラームの影響を受けたスコラ哲学によっていかに準備され、世界へと伝播していったのだろうか。中国・朝鮮・日本までを視野に入れて多角的に論じていく。

目次

1 西洋中世から近世へ 山内志朗
2 西洋近世の神秘主義 渡辺優
3 経済と倫理 山内志朗
4 近世スコラ哲学 アダム・タカハシ
5 イエズス会とキリシタン 新居洋子
6 西洋における神学と哲学 大西克智
7 科学論と方法論 池田真治
8 近代朝鮮思想と日本 小倉紀蔵
9 明時代の中国哲学 中島隆博
10 朱子学と反朱子学 藍弘岳