ちくま新書<br> 世界哲学史2 ──古代II 世界哲学の成立と展開

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま新書
世界哲学史2 ──古代II 世界哲学の成立と展開


ファイル: /

内容説明

「善悪と超越」をテーマに、主に善悪の規範となった宗教的思索の起源と、超越的なものへのまなざしについて、文化的諸伝統を横断しつつ考察。キリスト教を古代哲学の文脈で正面から論じ、仏教や儒教を「思想史」ではなく哲学史の観点から検討する。さらに従来は哲学として扱われてこなかったゾロアスター教やマニ教、古代末の東方教父・ラテン教父哲学までを含め、宗教の形でこれまで扱われてきた超越的思考を、哲学史として、各地域の諸伝統を有機的連関において論じていく。

目次

1 哲学の世界化と制度・伝統 納富信留
2 ローマに入った哲学 近藤智彦
3 キリスト教の成立 戸田聡
4 大乗仏教の成立 下田正弘
5 古典中国の成立 渡邉義浩
6 仏教と儒教の論争 中島隆博
7 ゾロアスター教とマニ教 青木健
8 プラトン主義の伝統 西村洋平
9 東方教父の伝統 土橋茂樹
10 ラテン教父とアウグスティヌス 出村和彦