少年サンデーコミックス<br> 新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader

少年サンデーコミックス
新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語(6)

  • ISBN:9784091292292

ファイル: /

内容説明

青葉東児童相談所へ異動となった健太は、働き方について、先輩福祉司の加藤と衝突する。
そんな健太が担当することになった河口親子は、父親のリストラを機に、ティーンエージャーの兄妹へと経済的な負担がのしかかっていた…
『子どもの貧困編』第5話までを収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

せ~や

39
子ども貧困編スタート。親になった身としては、明日は我が身では?と思えて、なんだか怖くなってしまいました。必ずしも貧困=環境とか思わないけど、努力不足ではないともなかなか言い切れないように思う。友人から、『貧困の連鎖は、親が子どもに「勉強する」事の意味を伝えられない事が原因だそうだ』と言われた事が、頭から離れない。勉強する事で得られる将来の選択肢や自由、出会える人の違い、自分が何をしたいのか?…環境はどうあれ、親や大人が子どもに勉強や努力の意味を粘り強く伝えられるかどうかなのではないかな?と思う。☆3.52020/07/02

かなっち

6
健太の異動と、子供の貧困編でした。健太の異動はやり過ぎて飛ばされたのかと心配しましたが、望まれてとのことなので安心しました。貧困問題は以前からよく聞いていたことですが、あるのが当たり前の今の時代では虐めに繋がるのは予想できることですね。学力が低いことや犯罪に走ることも、余裕がない親の元だと愛情もかけられずにそうなっちゃうでしょうし。この物語のお父さんも、頑張ってただけに胸が痛かったです。せめて望んだ学習はできるような、社会になってほしいと思います。2021/04/14

すぱちゃん

6
今回の巻は、子供の貧困問題について描かれてました。主人公は、貧困の為仕事をしながら高校に通っている青年に、どんな環境に生まれたって、夢や希望を持って、目を輝かせながら日々を生きて欲しいと望んでいる、と語りかけます。一瞬、綺麗ごとのようにも感じますが、これって大事なことかと思います。巻末の解説でも、子供たちは希望を食べて生きるのだ、とあります。子供は親を選べないので、いろいろ理不尽に感じている少年少女がいると思いますが、夢と希望だけは持って生きて欲しいと思いました。2019/06/25

碧海いお

3
未婚の身としての感想は医療・福祉という仕事はわりきってやるというスタンスが普通なんだろうなと思ってしまいました。 いくらやりたかった仕事とはいえ、こうプライベートで患者に会っていると完全に一人で完結する仕事ならともかく、そうじゃないと会社の方針がありますし。 お金に余裕がないと子育てってするもんじゃないて思いました。2021/01/08

Michiko Kikuchi

2
子どもの貧困。というより、世帯の貧困は本当にある。バイトをすることが中心になって勉強できない子達が1年に2~3人は看る。 片親世帯だけじゃなく、両親揃ってても自己破産歴があったりとか。子供たちは親を守るために、嘘を上手につくことを覚えていくみたい。 自分が起こした自損事故で出た保険料で5人家族を食べさせてた子もいた。 難しいなぁ。親に周囲に助けを求めさせるのも、子供に恥ずかしくないことだ。って思ってもらうのも。2020/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13783512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。