フラワーコミックスα<br> ミステリと言う勿れ(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

フラワーコミックスα
ミステリと言う勿れ(3)

  • 著者名:田村由美【著】
  • 価格 ¥495(本体¥450)
  • 小学館(2018/10発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098702046

ファイル: /

内容説明

話題爆発の第3巻は、整の本領発揮!!

さまざまな真実の狭間で、誰かの思いも見えなくなる――

代々、遺産を巡る争いで死者さえ出るという、狩集(かりあつまり)家の相続人のひとりである、汐路(しおじ)に頼まれ、訪れた先の広島で、遺言書の開示に立ち会うことになった久能 整(くのう ととのう)。

そこには、失跡した犬堂我路(ガロ)の思惑が働いていた。

相続人候補は汐路と、いとこたち4人。整は次第に身に危険も及ぶ骨肉の争いに巻き込まれて…!?

整の解読が冴え渡り、Episode4の真実に迫る!! 新感覚ストーリー、第3巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

152
今回は広島編の続き。代々、遺産を巡る争いで死者さえ出るという狩集(かりあつまり)家の遺産相続争いに巻き込まれてしまう整くん。相続人のひとりと汐路にお願いされ遺言書の開示に立ち会うことに。遺産相続のお話は長編で本格的ミステリな展開。いつも整くんの語りにハッとさせられたり、そうだよなぁって思ったりしてひき込まれる。「"女の幸せ"それは女の人から出た言葉じゃない。だから間に受けちゃダメです」「自分が下手だってわかる時って目が肥えてきた時なんですよ。だから下手だと思った時こそ伸び時です」整くんの過去も気になる。2019/04/02

眠る山猫屋

89
まさに横溝チックな歴史が紐解かれていく。現代に持ってくるにはちょっと無理がある気もするが、歪んだ家系の歴史というのは存在するかもしれない。そして、またしても久能整くんが気づいたのは、家族の暗夜の裏返し、汐路ちゃんたちのお父さんたちの優しさと勇気。因習を乗り越える為の強い意志。2019/05/04

みかん🍊

75
またしても事件に巻き込まれる整くん、今回の犬神家の一族的な展開はおどろおどろしい、子供はどうせ分からないと思ってスパイに使ったりしてはいけない、そんな馬鹿ではない、いつでも親や大人の話を聞いているのだ。2021/09/20

鱒子

75
引き続き 広島の遺産相続のおはなし、いよいよ佳境に! しかし今巻では完結せずもうちょいです、結構長め。 ガロ君は整(ととのう)にとって、恋人のような親友のような存在ですね。ひと昔前の探偵ものなら、ホームズ vsモリアティ、明智vs二十面相、金田一少年vs高遠 というライバル関係になりそうなところですが。 整(ととのう)、実に微笑ましいです。2019/04/12

くりり

66
広島の遺産相続編からの暗殺部隊?、ちょっとながら読みしちゃったので話について行けなかった。2019/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13114317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。