フラワーコミックスα<br> ミステリと言う勿れ(5)

個数:1
紙書籍版価格
¥550
  • 電子書籍
  • Reader

フラワーコミックスα
ミステリと言う勿れ(5)

  • 著者名:田村由美【著】
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 小学館(2019/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098705429

ファイル: /

内容説明

話題沸騰シリーズ 新章突入!


坂で転がり落ち、検査入院することになった整。
その病院で出会った謎の美少女・ライカの言葉に導かれて動く内に、
整は不穏な都市伝説に遭遇する。

子どもを救う“炎の天使”とは一体――!?

マンガ大賞2019 第2位&[このマンガがすごい!2019]オンナ編 第2位の話題作、新展開の第5巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

竹城 俊之介

101
児童虐待の重たい話。現実に起こっている事件とか、考えさせられて、悲しい気持ちになる。漫画とはいえ。 色々伏線らしきものがちりばめられていて、続きを読みたい気持ちにさせるのは流石。 五巻めにして、初めて大学のシーンが。 教授も癖があってgood!2020/07/11

cinos

77
虐待をされている子どもを救うために放火して救う天使。ちょっと驚きました。最後の数字の関連性から今後の展開が興味深いです。2020/01/26

みかん🍊

69
そもそもミステリだから殺人事件から始まっているが、今回は児童虐待が根本にあってとても重かった,辛かった、虐待する親と一緒にいても引き離されてもどちらにしても子供は救われない、親も子も追い詰められている,身近にいる大人が気づいて環境を変えて行く事が出来れば少しは救われるのだろうか。2021/09/21

眠る山猫屋

68
病院で知り合ったライカに導かれ、連続放火殺人事件の闇に巻き込まいく整くん。相変わらず口八丁ぶり。虐待の傷痕と使命感のすり替え、そして誰かに必要とされたいという欲求が、犯人を少しずつ壊していったのかな。悲劇の連鎖が悲しいエンディング。整くんが共感出来てしまう、それこそが彼を事件に巻き込む意図か。2019/09/12

くりり

67
子どもを救う*炎の天使*、虐待されても親が好きな?親を捨てきれない子どもに決断を委ねるなんて論外!2019/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14242874
  • ご注意事項