フラワーコミックスα<br> ミステリと言う勿れ(2)

個数:1
紙書籍版価格
¥550
  • 電子書籍
  • Reader

フラワーコミックスα
ミステリと言う勿れ(2)

  • 著者名:田村由美【著】
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 小学館(2018/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098701209

ファイル: /

内容説明

話題沸騰!アタマ爆発!早くも2巻登場!

1巻発売直後より、各界で話題席巻!
「ミステリと言う勿れ」第2巻が早くも登場!!

印象派展に向かう途中のバスで、バスジャックに巻き込まれた久能整(くのう・ととのう)。
犯人の脅しにもひるむことなく、マイペースな発言を繰り返してバスジャック犯を引っかき回したものの、ほかの乗客たちと、犯人宅に“招待”されてしまい・・・!?

天然パーマの大学生・整が、思いがけない展開を導き出す新感覚ストーリー!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

143
2巻も面白かったー♪1巻の終わりから続いているバスジャック編。ほんと色んなことに整くん巻き込まれてしまう笑。観察力、洞察力に優れ、整くんが「僕は常々思ってるんですが…」と語っていきながら冷静に推理していく!犯人と疑われても、バスジャックされても動じず、おしゃべりしながら解決していく整くんのキャラがいい♡実写化も向いてそうな感じ♫整くんの語りが良く事件を解決するだけではなく、日本も海外のようにそうなれば良いなって思うことを話してくれたり悩み事にも的確なアドバイスしてくれたり本当にすごい!続きも早く読みたい!2019/03/10

myaon

117
「小さい整くんは誰の気をひきたかったんだろうね」 ととのうくんの過去が気になる。育ての親がいて、広島に何度か来たことがある。ガロくんが家に遊びに来る日はいつになるのかなぁ? ▼犬堂我路(いぬどう がろ) 左利き。男前。整をうざいと言わない珍しい人 ▼「いじめてる方を病んでると判断するそうです」 「それ誰かが毎日やってくれてるんですよね」 「そこでは自由に歩いていいんです」 「“人の為”と書いて“偽”になる不思議」 「苦しいことを薄めるためにより悪いことを望むのはまずいです」2021/01/01

直人

100
前巻から引き続いてEpisode 2。 整は相変わらず魅力的なキャラ。 そしてよく喋る割に口を閉じている絵が多いw。 整の過去に徐々に近づいていき,我路との距離も縮まりつつある。 この流れは──もしかして大河化w?2019/01/27

眠る山猫屋

87
バスジャック事件編、解決。後々までキーパーソンとなる我路くん。整くんが友達になりたいと願った男。一線を越えて向こう側へ行ってしまった彼。お姫さまとの関わりをもう少し読みたかったな。首筋がヒンヤリとする新幹線エピソードを経て、広島での横溝チックな事件へ。汐路ちゃんはなんだか苦手な人物造形。とことん本音を云わないタイプか?2019/04/30

みかん🍊

81
バスジャック事件はかなり悲しい結末だった、いじめられている方やDV被害者の方が逃げなきゃ行けないのは確かにおかしい、そして見えなくなれば何もなかった事になると思うこともおかしいが今の日本はそういう世界なのかも。2021/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12781528
  • ご注意事項