フラワーコミックスα<br> ミステリと言う勿れ(4)

個数:1
紙書籍版価格
¥550
  • 電子書籍
  • Reader

フラワーコミックスα
ミステリと言う勿れ(4)

  • 著者名:田村由美【著】
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 小学館(2019/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098704064

ファイル: /

内容説明

広島編、完結!そして…新章スタート!!

久能整(くのうととのう)の日常は、ミステリアスだ!
……なんて、決していわないでください…!

広島での狩集(かりあつまり)家の代々の相続争いで、過去をさかのぼるうちに、明かになった仕掛け人の存在。さらに、汐路(しおじ)の父母たちの以外な意思が明らかとなり…!?

追加ページ有りで広島編、ついに決着!そして、新章スタートの必見の第4巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネギっ子gen

85
【犯罪とは、人の努力が裏側に出ているのだ】狩集家相続争いで明らかになった仕掛け人の存在。広島編、ついに決着し、episode5。瀟々と雨が降っている日は、カレー日和じゃないのですね。そんな気分の時。三好達治の『測量船』(講談社文芸文庫)を読み終え、傘をさしてポテトサラダ&カキフライを食べに行こうとすれば、雨中で路上に座って、びしょ濡れになりながら『山賊の歌』を口ずさむ男に出逢う――。そして、episode6。土手を転げ落ち、整は検査入院。同室の老人が読んでいる本は、『自省録』(マルクス・アウレーウス)。⇒2022/10/15

眠る山猫屋

82
入院した整くんと同室の刑事さんの話が深かった。一見叩き上げの刑事・牛田さんが整くんを事件の闇に誘っていく。牛田さんの気持ちを察していた整くん、更なる深い闇に引き摺りこまれていくようで・・・楽しみ。2019/05/04

くりり

81
広島編が終わったが、広島で何があったのかは不明のまま、いろんな事件をあっさり解決してしまう整の過去が気になる...2019/06/24

あこさん

78
つい続きが待てなくて1巻から大人買いしちゃったよー!面白かった。買って正解。整くんの思考は本当に素晴らしい。遺産相続編のあとは 記憶喪失の爆弾魔 病院で出会った幽霊との問答。これをミステリと言わずして何と言おう。ガロくんも謎すぎる。いつか会えるんだろうか、それまでに整くんはいくつ謎を解き明かすんだろう。楽しみ。2019/02/13

佳音

73
飽きてきたというか主人公の性格が鼻についた。彼の生い立ちについて4巻でもほとんど明かさないせいだと思う。小説ならいざ知らずひっぱり過ぎ。2019/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13443659
  • ご注意事項