講談社青い鳥文庫<br> 怪盗クイーンと魔窟王の対決

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy
  • Reader

講談社青い鳥文庫
怪盗クイーンと魔窟王の対決

  • ISBN:9784061486515

ファイル: /

内容説明

伝説の石といわれていた「半月石(ハーフムーン)」が公開されるという。別名「願いがかなう石」とか、「神の石」とよばれているこの石こそ、怪盗の美学を満足させる獲物だ。いつになく勤労意欲のかたまりになっているクイーン。相棒のジョーカーを香港映画期待のアクションスターに変身させ、自分はそのマネージャーになりすまして、魔窟(まくつ)にのりこんだ……。 いっそう華麗に、思いっきりC調(シーちょう)に!

目次

おもな登場人物
OPENING
STAGE1 奪う者:怪盗
STAGE2 所有する者と護る者:魔窟王と探偵卿
STAGE3 ゲーム盤と駒:四龍島城砦と集いし人
STAGE4 奪う者:怪盗
STAGE5 奪う者と所有する者:怪盗と魔窟王
STAGE6 護る者:探偵卿
STAGE7 奪う者と護る者:怪盗と探偵卿
STAGE8 奪う者と護る者:怪盗と探偵卿──Returns
STAGE9 攻撃する者と奪う者:踊り子と怪盗
STAGE10 駒:集いし人
FINAL STAGE
GAME OVER
ENDING

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユメ

33
魔窟の主が所有する半月石を奪う者、護る者、攻撃する者、盤上に駒が配置され、スリリングなゲームが幕を開ける。そこにサービス精神満点な小ネタを仕込み、コメディ風に仕立てあげるのがはやみねさん流だ。今回もクイーンは仕事をしているところをジョーカーに見せない。それはもしかして、いついかなるときも華麗であるべきという怪盗の美学に拠るものなのだろうか。怪盗が汗水たらして働く姿を見せて、赤い夢を壊したくないという思いからなのだろうか。C調と遊び心は怪盗クイーンの持つ一面にすぎないのだと思うと、ぞくぞくする。2017/07/22

☆よいこ

15
怪盗クイーンシリーズ。半月石(ハーフムーン)を狙って岩窟王と呼ばれる富豪の待つ島、四龍島(スーロンとう)城塞に乗り込むクイーンとジョーカー。待ち受けるのは探偵卿の中でも武闘派のヴォルフ。クイーンと同様に素手で物を切り裂く能力を持つ双子シャンティとシャクティ。はたしてハーフムーンを獲物に選んだ事は、本当にクイーンの意思だったのだろうか。中華アクションスタイルで、戦闘シーン多め。2018/04/25

沙織

10
はやみね作品に出てくる映画監督やディレクター、みんな個性が強すぎて好き。監督とヤングマスターはいつ出会ったんだろう。2021/05/29

しろのあ

10
今回はアクションスターに扮するジョーカーが見どころ。ヴォルフとの対決も迫力がありました。それに、半月石の謎すごく面白かったです!謎めいた感じの終わり方もたまにはいいですね。クイーンシリーズは分厚くて前後編のものがおおいので一冊完結ものからなのですが・・・どうやら、このころは分厚くなることをはやみね先生自身も気にしていたうようですね。短編のネタが(RDの里帰りとか)気になる~2016/03/18

マツユキ

9
シリーズ三作目。魔窟と呼ばれる四龍(スーロン)島の所有者、王嘉楽(ウォンカーロツ)の誕生パーティーに、伝説の石「半月石(ハーフムーン)」が公開され…。強敵、次々登場で、少年漫画のよう。この場合、主人公はジョーカー。若いんだなあ。クイーンは、本当に働き者だった。半月月が不気味でしたが、さすがクイーン。少年も、素晴らしい。 『インディ・ジョーンズ』のような懐かしさもあり(そんなに見てないんだけど)、今回も楽しかったです。2019/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538039

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。