講談社コミックス<br> 神さまの言うとおり弐(12)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

講談社コミックス
神さまの言うとおり弐(12)

  • 著者名:金城宗幸/藤村緋二
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2015/06発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063954197

ファイル: /

内容説明

『神さまの言うとおり』第壱部と第弐部が、ついに交わる時、来たれり!! 天空のデスゲーム「空中ケンパ」は佳境! 明石(あかし)は最後の1名を除いて必ず生き残れる「バイバイ6」作戦を実行! しかし、友の危機に作戦を放棄してしまう。そして、天才・佑(たすく)の次なる作戦が明石を追い詰める!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十六夜(いざよい)

10
ここでようやく壱の最後と話が繋がる訳ね。空中ケンパ、珍しく肉弾戦ではなく頭脳戦だったけど、主戦力にもなれそうな佑がまさかの脱落。ここからは壱のメンバーも共に、神さまとの戦いになるようだ。2016/02/13

D4C

10
他人の命に価値を見いだせない、超天才。またキワモノキャラなのかなぁと思いきや・・・ほんと、誰が死ぬのか全く予想できない漫画です。いつも人間の業が見せつけられるけど、今回のケンケンパは、人間の醜さが特に際立ってた気がします。2017/05/31

hannahhannah

9
天才の祐のキレっぷり。いろいろ展開があって面白かった。次が最後のゲームなのかね?2018/07/09

読み人知らず

9
天才が散る。こんなキャラもまあいていいか。主人公体質がいらいらくるね。2015/07/26

夢現

7
人間の汚い本性が見えることの多い作品で、佑のような終わり方をするのはある意味幸せなのかもなぁって。弐になってから一つのゲームが長くて若干だらだらしてる感があるので、サクッと進めてほしい。2015/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9735953

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。