ガガガ文庫<br> 人生 第5章

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
人生 第5章

  • ISBN:9784094514124

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

九文学園、美少女コンテスト開催!

「このコンテスト知ってる?」
第二新聞部の部長・彩香(あやか)が広げたチラシはこのような内容だった。

【九文学園、美少女コンテスト開催!】
学園ナンバー1の美少女を決めるコンテストの開催が決定!
グランプリ受賞者には超豪華賞品もあり!

自薦、他薦は問いません。書類審査および映像審査のあと、面接となります。服装は自由ですが、スクール水着もOK。むしろスクール水着大歓迎! スクール水着の観客も大歓迎です! 応募は応募用紙、またはメール、もしくは使用済みスクール水着をお送りください。
メールアドレスはこちら→ sukumizudaisuki@sukumizu.suku

主催/第一新聞部、九文学園生徒会

 第一新聞部部長・浅野(あさの)の頭おかしいスクール水着推しはさておき、さりげなく書かれている「超豪華賞品」が、生徒会経費私的流用のもとだという。会長の白河香織(しらかわ・かおり)が優勝することが決まっているデキレース。彩香は、対立候補を立ててその不正を暴きたいらしいのだが……その代表、いくみで大丈夫なんだろうか?

知性、教養、センス、美貌のこと……。ミスコン優勝で生徒会長失脚をめざせ! 美☆活動・人生相談5回目!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

42
無茶苦茶な人生相談やってるようで回答にには妙な説得力あるし相談内容と微妙にリンクしつつコメディは展開するしで良い感じでシリーズとして成長してきてるんじゃーないですか。だんだんとドタバタ要素も増えてきたし必ずギャグが面白くて吹き出す瞬間があるのも心強いです。2013/05/27

Yobata

38
生徒会長の香織の不正の尻尾を掴めるかもしれない機会を得た彩香。その不正は今度開かれる美少女コンテストで行われるらしい。そこでいくみにもエントリーしてもらい確たる証拠を掴もうとするも…。生徒会長との因縁がまだ続いてたとはw第四の回答者として美術系の絵美が本格参戦するも、かなり感覚派かつ抽象派で考えてることが言葉にできないので相談がテーマである本作にとっては痛恨wそれなので結局いまいち混ざりきれてない感が凄いwそして最終的には脱ぐという一つのギャグで頑張る若手芸人見たいだなwそれに比べてベテラン芸人の域に→2014/03/18

メロリン@5月は再読強化キャンペーン!

33
人生相談をこなしつつ着実に物語として進んできていますね。今巻では美少女コンテストがメインの話でしたが、今回も恒例となっているふみの妄想がツボで笑わせてもらいました。あとイラストが巻を増すにつれ良くなってきていますね。特にいくみの挿絵2枚の破壊力はハンパなかったです。浅野のクズっぷりも良かったですね。浅野のいくみの持ち上げ方が最高にツボでしたwwあと地味に半ライス同好会もツボでした。ラスボスの香織を徐々に追い詰めつつありますが、今後がどうなっていくのか楽しみです。2014/02/05

ナカショー

29
いつも通り人生相談をこなしつつ、生徒会長が勝つ出来レースのミスコンに第二新聞部からいくみがエントリーして不正を暴こうとする第5巻。いくみのプロフィール考える話にやられましたw反省文の話と同等に面白かったです。最後いくみが赤松が誰に投票したのか気にしてた描写可愛かったですねー!2016/11/13

θ(シータ)

26
「ねえ、ねえ……それ、ちょうだいな。ちょうだいなったら、ちょうだいなっ!」ついに生徒会との戦いが激しくなってきた巻だった。でも、そんなことよりいくみがヤバイ!いくみが可愛い過ぎて困る!!w撮影してる所やドレスを着てるいくみ本当に可愛かった。特に最後の絵とか最高。やっぱり、ななせめるち先生の絵は最高だね!それと、前回から登場している絵美がいい味出してた。みんながいる中で脱ごうとするとかマジでエロいwそれがこれからどうなっていくのか楽しみw最後にヤンデレ梨乃にも注目すべきです!!星4つ【⭐️⭐️⭐️⭐️】

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6713090

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。