ガガガ文庫<br> 人生

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
人生

  • ISBN:9784094513189

ファイル: /

内容説明

あなたの悩み、募集中!!

九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹(あかまつ・ゆうき)は、入部早々に部長の二階堂(にかいどう)から、人生相談コーナーの担当を命じられる。
生徒たちから寄せられた悩みに答えるのは、理系女子の遠藤梨乃(えんどう・りの)。文系女子の九条ふみ(くじょう・ふみ)。体育会系の鈴木いくみ(すずき・いくみ)の三人。
三者三様の意見はいつもまとまらずに、とりあえず実践してみることになるのだが……。

友達、恋愛、勉強、性癖、将来のこと……。
あなたのありふれた悩みにバッチリお答え! 超☆感性・人生相談開始!!

「邪神大沼」シリーズで、多くの読者を爆笑の渦に巻き込んだ川岸殴魚!
次に挑むのは「人生」!?

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

79
会話劇メインの連作短編という内容なんだけど、女の子三人組のキャラが立ってなくて口調にもあまり差がないからアンサンブルが生まれず会話部分が一番つまらないというちょっと困った状態。細かいギャグも各話が短いので大きな笑いにつながっていかないもどかしさ。このフォーマットは著者の作風に足枷をはめる結果になってしまってるような気がする。次巻以降作品の枠を壊すぐらいはじけてほしいなー。2012/01/18

Yobata

51
従姉であり第二新聞部の部長でもある二階堂彩香の企画で人生相談コーナーの担当を命じられた赤松勇樹。回答者には理系の遠藤梨乃,文系の九条ふみ,体育会系の鈴木いくみと各分野で天才的な少女達。しかしその専門的が故に回答がまとまらず…。お悩み相談学園ギャグもの。部活選択,友人作り,苦手克服,部員確保,学食競争,占い,見た目,仲直り,嫉妬心,プレゼントの10件の相談。割と想像通りの展開しか起こらず、もうちょっとブッとんでても良かったかなw?一般生活の範囲内に収めたかったのかもしれないけど、実際いくみの運動能力が→2013/12/30

メロリン@5月は再読強化キャンペーン!

46
3巻で読むのをやめてしまっていたけどアニメ化されるみたいなので1巻から再読しつつ最新刊まで読んでみようと思います。内容としては第二新聞部への人生相談をヒロインにあたる3人と主人公で回答する話になりますが、相談への回答を導くというよりはギャグ方面に話が脱線していって最終的には相談と全然関係ないことをやって終わるといった感じですが、腹を抱えて笑えるような話はなかったですね。1番面白かったのがふみの優柔不断部の回想でした。まぁこの巻でこの作品の概要というか方向性を読者に示せたと思うので、良かったのではないかと。2014/01/05

621

41
なるほど、コメディ主力の日常系か?アニメ化企画進行中と聞いて読み出した1巻。 良くて普通という感想だったかな。構成は生徒会一存を思い出したけど……ドッと笑わせるようなシーンがあるわけでも、イチャなラブコメするわけでもないから日常系が好きでないと勧められる程では無かったかな。会話が凄く多い。 内容は短編短編を繋げたような印象で読めるのでぺースは悪くなかったし、次巻の評価はイイトコロもありそうなので次に期待して読了。2014/03/11

KUWAGATA

36
いわゆる放課後ダベり系ですが、人生相談に答えるというフォーマットで話が進んでいきます。良くも悪くもこれほどいい加減な人生相談というのは初めてです。適当に笑って読み進めていくしかないですね。大仰なタイトルですが中身はユルユルです。ヒロイン達は個性豊かでそれぞれ可愛らしく、好感が持てますが、梨乃のキャラが、口絵イラストと合ってなさすぎだと思いました。それから最終話、いくみの○○○は見えないよね? だってスパッツだもの。あと、この作者はセルシオに何か思い入れが? フルスモークセルシオつったらDQN代表ですが…。2012/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4528828

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。