ゲッサン少年サンデーコミックス<br> LES MISERABLES(2)

個数:1
紙書籍版価格
¥712
  • 電子書籍
  • Reader

ゲッサン少年サンデーコミックス
LES MISERABLES(2)

  • ISBN:9784091246875

ファイル: /

内容説明

世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チャーハンそっくりおじさん・寺(パラパラしてます)

28
ああ無情。この2巻は金髪の美少女ファンティーヌの転落人生に目を覆わされる。悲し過ぎるではないか。幼い娘・コゼットを預けた相手はテナルディエ夫妻。えげつない悪党である。そしてジャン・バルジャンはマドレーヌと改名し立身。とうとう市長になる。そしてミリエル司教の訃報。マドレーヌを疑うジャヴェル警視登場。『レ・ミゼラブル』の主要登場人物がドドッと現れたこの2巻。それにしても悲惨極まるファンティーヌの元に現れたジャヴェル&マドレーヌ。ファンティーヌに射した最後の光なのであろうか?。ワクワクさせる。2014/09/29

たまきら

26
美しいものの学も庇護者もないファンティーヌのはかなくも楽し気な青春と転落の日々が「もうやめてあげて!」と叫びたくなるぐらいこれでもか、と描かれていく巻です。先日娘とパパ活=売春と無知の恐ろしさについて話していたんですが、「どんな本よりもオカンの話よりも、レミゼが一番えぐってくる」とのこと。ホントそうよね~。2024/03/06

フジ

12
堕ちていくファンティーヌが読んでて胸が苦しくなります(>_<)何がこんなに彼女を不幸にするんでしょうか?やっぱり純粋なだけだと、哀しいけどうまく世の中渡っていけないんでしょーね。そして『マドレーヌ』さん!すごくいい男になってる!人って心がけ一つで変われるものなんですね。ファンティーヌも救われることを願ってます(ノД`)しかし、既刊ペースめちゃ早くないですか?これ読んだの確か年明けだったよーな…。2014/04/27

JACK

12
◎ 19世紀、パリの学生街カルティエ・ラタン。美しい少女ファンティーヌは、金持ちの男子学生や、華やかな女友達に囲まれて青春を謳歌していた。しかし、豊かな生活は突然終わりを告げる。まだ小さな娘を連れてパリを離れた彼女は、仕事のために娘を人に預けることに。それは彼女の運命を大きく変える事になるのだった‥‥。前半は金持ちの御曹司たちの身勝手さに腹が立ち、女性たちの何も考えない享楽的な態度に呆れるばかりですが、1巻との繋がりが分かってくる後半から面白くなります。マドレーヌさんの格好良さには憧れますね。2014/04/21

MIZUHITO

8
愛は一種の愚かさだ。ファンティーヌは愚かしい。恋人に捨てられ、密かに産んだ娘を預けた相手には金をせびられ、金を工面するため髪と歯を売り、今や売春婦としてすらロクに相手をしてもらえない。かつて美しかった彼女の面影はどこにもない。人々から「悲惨」という言葉で線を引かれ、その枠外に捨て置かれるモノにまで身を堕とした彼女は、愚かとしか言いようがない。愛とはそういう性質を含むもので、ただそうなっただけだから、これ以上何も言えない。LES MISERABLES.2014/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7978555
  • ご注意事項