フラワーコミックス<br> 37.5℃の涙(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

フラワーコミックス
37.5℃の涙(1)

  • 著者名:椎名チカ【著】
  • 価格 ¥484(本体¥440)
  • 小学館(2014/07発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091358226

ファイル: /

内容説明

37.5℃。
それは、保育園にこどもが行ける、体温のボーダーライン。

こどもが熱を出した。
保育園には預けられない。
病気のこどもを置いて仕事には行けない。
でも働かなくては生きていけない――。

身動きの取れない親たちに手を差しのべる存在、「病児保育士」。

病気のこどもを人に預けて仕事に行くのは果たして“親失格”なのか?

愛情とは 家族とは 親とは――
答えの出ない問題に、笑わない病児保育士・桃子が真っ正面から切り込む!

最後には必ず笑顔になれると信じて。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wata

56
幼い子供が病気になっても働くお母さんは「悪」か?まだまだ子育ては女性中心。子供も熱が出たらお母さんから離れないですし(>_<)子供も頑張ってるけど働く母も頑張ってるのだ!2015/12/10

くりり

54
新人病理保育士のお話。テレビは見てないけど、親の事情、子供の事情、職場の事情、子どもを育てるのは大変さぁ(^^;2015/12/27

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

43
ドラマを見てなかったので、コミックを読むことにしました。病児保育がテーマで、働くお母さんにとっては最後の砦の様な場所です。さぁ!仕事だ!と言う、まさに出勤の時間に熱出したり、吐いたり、下痢したり。保育園に預けて1時間後に携帯が鳴ったり、病気が治ったと思って連れてったらまたぶり返したり。大変だった頃を思い出しながら見てます。それにしても、不細工に書かれすぎな主人公だなぁ(笑)2015/10/06

玉響

37
仕事に育児と両立させたいけど本来それはとっても難しい事。そんな親にとっては子供を任せて安心して仕事に取り組める病児保育というのはすごくありがたい存在なのだと思いました。けれど仕事だけに夢中になってほしくない、子供という存在も大切にしてほしいと思います。普段見逃しがちな子供の変化に気付くことも忘れてはいけないんだと。やっぱり親と子の関係はいいものであってほしいから。そうやって少しずつ家族の絆を育んでいければいい。2015/09/09

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

24
母子家庭にとって、病児保育がどれだけ欲しかったか。たまたま、友人たちが手伝ってくれたから何とかなったものの、会社では、子供が熱出すのは親の責任って言われてどんなに悔しかった事か。イヤな過去を思い出したわ。2017/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7968131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。