ビッグコミックス<br> 兵馬の旗(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
兵馬の旗(7)

  • ISBN:9784091854230

ファイル: /

内容説明

会津で、迫り来る新政府軍に対する防備を固めようとする兵馬。兵馬が提唱する「共和政事」の理念に共鳴し、戦ではなく、合議の可能性を模索する薩摩の新八郎。そんな時、仏国マルセイユを出航した妻アンナと息子トーリャがついに横浜の地に辿り着く…!!向かうは東京、兵馬の実家…国を捨て、海を越えて、夫に会いに来たアンナの思いは、とどまることを知らない…!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

8
敵味方に別れ、戦うことになった兵馬と新八郎。そんな戊辰の戦場へ、アンナが息子を連れ、やって来る。それぞれの理念、武士道、そういった日本的な旗を掲げた戦いを、異国人であるアンナの目線で描く7巻。歴史を語り直すのに、その視線が、実に効果的に作用するのだ。2014/10/05

ウチケン

0
外国人慣れしていない当時の日本社会にあって、宇津木家は武家の礼節をもってアンナを受け入れる。 「奥羽越列藩同盟として筋を通した二本松藩の戦いは、戊辰戦争における極みだった。」武士道精神の精華と少年隊の悲劇は忘れてはならない。2015/02/11

Yanabod

0
かわぐち先生もメインでない方の作品が実は面白いパターンは相変わらず継続中だな。二本松藩の奮戦が詳細に描かれているのがよい。大体会津メインではなるが本作品はこの辺がよい。2013/10/13

GO旦那

0
「八重の桜」。二人が出会えないもどかしい思いで、ページをめくる。どう、決着をつけるのでしょう? 2013/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7254530

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。