講談社文庫<br> つぶやきのクリーム The cream of the notes

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
つぶやきのクリーム The cream of the notes

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 講談社(2015/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062772884

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

何から手をつけたら良いのかわからない状態とは、なんでも良いから手をつけた方が良い状態のことである――。けっこう当たり前なことのなかに、人生の大きなテーマは潜んでいるものなのだ。小説家・森博嗣がつい誰かに教えたくなって意外に真面目に綴った、世界の見え方が変わるつぶよりのつぶやき一〇〇個。(講談社文庫)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAKAPO

63
不覚にも、読みかけの『地球儀のスライス』を家に忘れてしまったノー残業デー…手持無沙汰を紛らわすためにBookoff守谷松前店に寄って、急遽購入した『つぶやきのクリーム』…森先生のつぶやきは、確かに『臨機応答・変問自在』などに比べると、マイルドになっているようだが、クリームと表現するには滑らかさが足らない感じもする(クリームなのにコクとキレがある)。しかし、良く泡立てられていて美味(いつになく凡人にも解りやすい表現)なのは事実であり、是非、諏訪野が淹れてくれたコーヒーにトッピングして味わいたい香りだった。2016/04/09

akira

53
クリームシリーズ第1段。 書店でパラパラとめくった時、気になる言葉が多かったので電子で購入。 一つ一つの事柄についての森先生の考え方は非常に合理的で、ある種人間味がないようにも感じるが、お世話になった工学部の先生方も同様であった。物事を感情ではなく道理で考え、筋道を立てて得られるものこそひとつの結論と成り得る。 森先生の言葉は本質を突いており、松下幸之助先生の書籍にも通じるものを感じる。 「作業に取りかかる以前に、ほとんどの仕事のグレードは決まっている。」 「確固たる自分があるから品が出る。」 2013/04/03

たち

42
森博嗣さんのエッセイ集です。失敗と成功の章はとても為になりました。まぁ、私が成功と失敗を気にするのは、夕飯の出来くらいのものですが…。電子書籍に関する章は無理です。私、電子書籍は読めません!この世に紙の本が無くなったら困ります。2019/05/16

yui

41
森さんの100個の呟きとそれに関する記述集。森さんの思想は10年20年先を行っている。増税の話で特にそう思いました。個人的に刺さったのは、発想力の話と個性がない人の話です。(73、80のあたり)普段あまり物事を考えないで過ごしているかも、と思いました。解説がももち。2016/02/09

rio

34
森博嗣さんのつぶやき集。共感できる部分もあれば、自分とは違う考えの部分もあり、物事の捉え方の相違について興味深く読了しました。作中で森さんも言っていますが、本当に思ったことを自由に書き上げた、という印象があります。独白形式な所も小説とは違った一面が垣間見えて面白かったです。2012/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5430087

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。