プリンセス・コミックス<br> 後宮デイズ~七星国物語~ 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader

プリンセス・コミックス
後宮デイズ~七星国物語~ 2

  • 著者名:すもももも
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2013/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253195942

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

後宮で皇帝の配下として働く決心をした翡翠に、玻璃宮の妃・芙蓉からの呼び出しがかかる。侍女殺害事件の鍵を握る芙蓉と、その父親・貪狼州公の思惑をさぐるよう命じられた翡翠だが…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

45
再読。2019/10/14

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

28
好かれるなぁ~( ̄~ ̄;)2018/02/23

蝶よ花You

21
男装の麗人って、麗人という時点で美人が前提だから、女性の格好させたらそりゃあもう綺麗になるに決まってるよね。な、第2巻(笑)。はい。上述の通り、女装...じゃなくて、お化粧もオシャレもして美人に変身☆普通の少女マンガならここで皇帝、「こんな綺麗な女性がいたなんて」とか、「こいつこんなに綺麗だったんだな」なんてお約束展開が待っているのに、あらやだそっけない(笑)。このお約束少女マンガにしないところがこの作品の美点。この作品は先が全く読めない展開でおあずけ感があるから、読まずにはいられなくなるのでしょうね。2013/12/25

豆乳くま

13
妃候補の芙蓉の侍女が亡くなった事件、まだまだ根が深そう。しかし彼女は頭もいいし理性もあり(?)なかなか食えない女性で好き!翡翠は振り回されるが結構いい関係を築けそう。まぁそれは芙蓉だけでなく誰にでも懐に入れる素晴らしい才能。そしてもう一人なかなかのキャラが登場です。2016/12/23

めいめい

13
2巻と3巻間違えた、芙蓉と野芥子のつながりの深さが切ない。2015/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5144042

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。