モンテ・クリスト伯 〈1〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,122
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

モンテ・クリスト伯 〈1〉

  • 著者名:アレクサンドル・デュマ/山内義雄
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 岩波書店(2013/04発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784003253311

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

223
日本ドラマ化に伴い、読了。 復讐劇の古典だが…原作はナポレオン没落後の 政治背景があり、興味深い。 第1巻は ダンテスが 陰謀に巻き込まれて、 獄に繋がれる…復讐の序章の巻である。 2018/05/01

ヴェルナーの日記

207
自分の知らない謀り事に陥るのは愚かなのか?信じることは罪か?善人でいるは犯罪なのか?嫉妬は本人には全く責任のないのに、一方的などす黒い感情によって引き起こされる。これほどの不条理は世の中に存在しない。エドモンは友人として信じていたフェルナンたちの企みに“シャートー・イフ”へ投獄されてしまう。まさにシェークスピア『オセロー』のイアーゴーの台詞に『お気をつけ下さい、将軍、嫉妬というやつに。そいつは緑色の目をした怪獣で、とりついた人間の心を弄ぶんです』とあるが“緑色の目をした怪物は誰しも心の片隅住み着いている。2016/03/05

ちなぽむ@休止中

178
はぁ…何これ何これ、まだ脱獄すらしてないのに、1巻からこんなに面白いの…!? ダンテスってば…何て純粋で素敵な若者!✨ダングラール…(っ`ω´c)ギリィ💢そしてアイツっ!早く!早く!制裁はまだなの〜!?とやきもきしていたらあっという間に1巻終わってました。 まさかこんなにエンターテインメント性の高い作品が遥か昔に書かれていたなんて。今まで読んでなかった自分を責めたいぐらい面白かった!これがあと6冊分続く幸せ♡復讐に胸ときめかせ、このまま2巻行きます(*´ `*)2019/10/05

ケイ

178
懐かしい街のマルセイユから話は始まる。港に入る前に通り過ぎるシャトーディフ、港から陸地を見ると目の前に高くそびえるノートルダムドゥラギャルド。2月には強く吹くミストラル。時はウィーン会議の行われる1815年。舞台が鮮やかに頭に浮かぶ。前半は、懐かしさを引きずりながら、牢に入れられてからの後半はワクワクしながら読む。まさかこの財宝にチェーザレ親子が絡んでいるとは…。2017/01/25

海猫

132
抄訳版は読んだことあれど完訳版はさすがの内容の厚み。人物や状況が見事に描写されていて読み応えあり。そしてなによりドラマチックでどんどん読める。2013/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526013

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。