モンテ・クリスト伯 〈2〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,177
  • Kinoppy
  • Reader

モンテ・クリスト伯 〈2〉

  • ISBN:9784003253328

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

219
第二巻は 復讐への序章である。 牢獄でのファリア司祭との交流、脱出、 モンテクリスト島の冒険、 ダンテスが聞かされる 裏切りと哀しみ …日本のドラマでは 断片的だったシーンが繋がっていく。 多様なエピソードを盛り込みながら、 本格的な 復讐が始まる次巻以降が楽しみ。 2018/05/13

ヴェルナーの日記

156
かくしてエドモンは、シャート・イフから奇跡的な脱出し、ファリア司祭の莫大な遺産を手に入れモンテ・クリストとなる。本作を読むと、アルフレッド・ベスターの『虎よ、虎よ!』が思い浮かぶ。イギリスの詩人、画家、銅版画職人にして、ダンテ『神曲』の挿絵を手掛けたW・ブレイクを髣髴する。彼の作品“The Tyger”のままにクリスト伯が立ち上がる。“Tyger Tyger,burning bright,What immortal hand or eye,Could frame thy fearful symmetry”2016/04/30

海猫

120
脱獄、宝探しといった流れは冒険ものとしても抜群に面白い。後半話が別な方向に広がっていくので少し求心力が落ちるがこれは後に合流して太い柱になっていくと見た。ずっと主人公ダンテスとともに行動するがごとく描かれてきたのが途中からダンテスの影をちらつかせるような描写になり、もどかしいながらも読ませるのが語り口として素晴らしくやはり話に引っ張られる。2013/03/05

優希

112
エドモン・ダンテスの脱獄が意外と早いという印象です。その外への出方は頭の良さと度胸を感じさせました。極限の選択に迫られる精神状態に追いやられていたのは当然のように思えますが。恩を感じている人には十分な態度を示したものの、復讐劇がいよいよ始まる警鐘を鳴らしてきました。莫大な財宝を手にしたことで復讐の鬼としてのモンテ・クリスト伯の登場です。その伏線が張られていくところは読み応えがありました。ここから物語は本格始動。全てを成し終えた時どうなるのか気が気ではありません。2016/07/08

chiru

95
脱獄に成功したダンテスは、持ち前の行動力で密輸船の船乗りとなって好機を捕らえ、ファレル司祭に託された財宝をとうとう見つけだす2巻。 ダンテスはある方法で、ターゲットから自分を陥れた真相を引き出し分かったことは、善良な者が不幸にあい、陰謀を企てた者たちが富を得ていたこと。 復讐を改めて誓うダンテスは少し変わってしまったようだけど、モレルを陰ながら助けるエピソードでダンテスの優しさは変わってなくてほっとする。 『モンテクリスト伯爵』として社交界にのりだしたダンテスの復讐劇の幕は開いたばかり…。次は3巻。★5 2018/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。