電撃文庫<br> 安達としまむら99.9

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
安達としまむら99.9

  • ISBN:9784049153477

ファイル: /

内容説明

「おかえり。仕事疲れたでしょ」
「うん。あ、でもしまむらの顔見たら疲れが吹っ飛んだ……みたいな……」
「ほーう。じゃ、元気なとこ見せて」
「え……。げ、げんきー」
 こんな調子で、私たちはずっと続いていくんだろうなあ。たぶんおばあちゃんになっても。ひょっとすると三千七百年くらい経っても。
 『安達としまむら』BD/DVD特典小説、イラスト付きで待望の文庫化!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むらを

11
万感胸に迫るとはまさにこのことですね… 久しぶりに涙腺がヤバい… 安達としまむらがどの世界線でも必ず出逢うことになっていて、どれほどの時間を過ぎ去っても2人の存在が不変で永遠であることに深く感動を覚えました…。2023/11/24

おこげ

7
あだしま二人っきりの温泉旅行、ときたらやることはアレしかないよね~♨️💦✨堅あげ安達とふにゃふにゃしまむら、言い得て妙。いつも通りの空気を作りながらしれっと淫靡なキス済ませていたとは…どんなんだったん💕それにしてもヤシロは大車輪の活躍でうんめーつまり運命。時は流れみんな成長して移り変わる中で、重ねた歳と愛の果てに待つ悲喜こもごもがどうしようもなく涙を誘うんだ😭チトとシマの出逢いには永遠に終わることのないあだしまを実感させられる。もうすべては『  と    』であるのだと。2023/11/14

leo18

5
BD特典小説とは思えない完成度。ヤシロをキーパーソンにSF要素強めな短編集。各年代を描きながらも2人の関係はずっと続くのだ。2023/11/16

bluets8

5
アニメBD特典小説+αな短編集。銀河鉄道999のような宇宙を旅するSFな部分がありつつ、でもそこまで壮大ではなく、あくまで二人の少女の物語だからスケールダウンして99.9…なのかな? 印象に残るのが『Abiding Diverge Aline』と『 と  』。どちらもしまむらが安達を想い物思いに耽る話で、安達の想いが成就した喜びと、ぞっこんじゃないか!というニヤニヤと、幸せのまま静かに閉じていく言いようのない寂しさが同居する不思議な感覚。『 と  』の読後感からするとSSを先に読むのが正解だったかも。2023/11/14

もっち

4
安達としまむらの幸せを終の果てのその先まで描いてくれて、さらにあまねく宇宙の「ふたり」にまで祝福を与えてくれる、入間先生には感謝しかない2023/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21552612
  • ご注意事項