河出文庫<br> さよならの儀式

個数:

河出文庫
さよならの儀式

  • ウェブストアに48冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 433p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309419190
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきがおくる少し不思議なSF作品集。

著者情報
1960年、東京都生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。『理由』で直木賞を受賞。著書に『龍は眠る』『本所深川ふしぎ草紙』『火車』『蒲生邸事件』『模倣犯』他多数。

内容説明

長年、一緒に暮らしてきた仲良しのロボットと、お別れの時がきた。表題作「さよならの儀式」他、親子の救済、老人の覚醒、三十年前の自分との出会い、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索…SFが持つ無限の可能性が宮部みゆきの語りの才能と結びついた八編。宮部ワールド新境地、初のSF作品集。

著者等紹介

宮部みゆき[ミヤベミユキ]
1960年、東京都生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、『火車』で山本周五郎賞、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、『理由』で直木賞、『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

92
宮部みゆきさんのSF短編集。SFでも描かれるクオリティは高い。人間の持つ様々な感情が質感を持ち描かれる。作中に様々なSF作品へのオマージュがある。最も印象深いのは「母の法律」。虐待された子を引き取るマザー法。虐待の記憶は措置で深層に封じられる。殺人犯である実母。少人数で対話を見る機会を得た子。同じ養父母に引き取られた姉と参加する子。そこに待つ破綻と狂気のカタルシスは息を呑む。少年法で保護された人物を祀り上げる「聖痕」。あまりにグロテスクに人間の内面を抉る「星に願いを」。クオリティ高い充実の作品集。堪能。2023/08/04

エドワード

77
子供の頃、テレビと漫画で夢中になったSFの世界。宮部さんが紡ぎ出す科学用語から立ち上るSFの香りに痺れる。なんといってもロボットと宇宙人がSFの王道だ。「愛情や共感は人類の宿痾だ。」人型ロボットに人間が抱く愛情を描く標題作。大森望さんの解説にある、宮部さんが両親に贈ったルンバがヒントというのが感動的だ。防犯カメラに擬態して侵略する宇宙人、隕石=宇宙船で地球へ飛来し人間に寄生する精神生命体、フランケンシュタインのトムは漁村の神様になる。この、怪奇大作戦やウルトラマンの世界へ一気にワープする感覚、満足の一言。2023/03/14

ピース

74
SFの短編集。とは言っても蒲生邸事件なんかとはちょっと違ってた。「さよならの儀式」がよかった。ただ結末がハッキリしない話が多かったように思った。2023/03/08

katsubek

66
SF短篇小説集。短篇というものの、宮部節炸裂のボリューム感。そういうことか、という謎解きあり、視点の面白みあり、もちろん、心に響く深みあり。例によって頭脳を明晰にして取り掛かることを要求される叙述がたまらないほどに楽しい。表題作が秀逸。されど、他の作も概ね満足度が高い。2023/01/09

Nobu A

65
久々の宮部みゆき本。20年12月読了の「おそろし」以来。先日、図書館の書架を眺めていた際、目に入った本書。予備知識なく読んでいると「マザー法」や「記憶沈殿化装置」等に一瞬自分の読解力を疑った。気になりググると宮部みゆきの初SF小説だとか。大人たちが「親になることを失敗したとき」のセーフティ・ネットとなるシステムを設け、全ての国民に「生きがいがのある人生」をつかむ機会を与えるためのマザー法と続く。社会的問題が背景にあり興味深く、短編集の中に面白いのもあったが、やはり著者は「模倣犯」や「火車」の印象が強い。2023/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20151705
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。