ジャンプコミックスDIGITAL<br> 怪獣8号 4

個数:1
紙書籍版価格 ¥528
  • Kinoppy
  • Reader

ジャンプコミックスDIGITAL
怪獣8号 4

  • 著者名:松本直也【著者】
  • 価格 ¥501(本体¥456)
  • 集英社(2021/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784088828152

ファイル: /

内容説明

防衛隊立川基地が怪獣の群に空から襲われたが、隊員たちの尽力により余獣たちを退け始める。一方保科は、戦力全解放して大怪獣に応戦。決着がついたかに思われたが、大怪獣に変化が…!? そしてカフカの察知能力も「それ」に反応。そこに現れたのは…!? ――“脅威”が続く、第四巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんけー

115
読了♪前巻の引きで、保科副隊長の戦いは激化!敵対する怪獣の手強さにも?副隊長は神業クラスの必殺で切り抜ける。然し、フォルティチュード9.0??に爆変化する怪獣に副隊長は!?幼少時の記憶が過りも隊長に託された誓いは微塵も揺るぎなく!亜白隊長の爆撃により、戦況に変化も、カフカは天上の激変に我を抑えず?8号に変化、然も?隊長、副隊長の眼前で。身を呈して隊のメンバーを守ったカフカだが、隊長は驚きながらも「日比野カフカ、いや怪獣8号身柄を拘束する」と。何と?キコルの父さん防衛隊長官とは?カフカは長官と対峙するも?→2021/09/05

ちびbookworm

86
★4-4.5.2021/09/01

こら

71
人型怪獣が巨大化!こういうのって戦隊モノの定番でいいですね!キコルに続き、今巻は亜白隊長にクローズアップ!美女✕ごっつい武器にギャップ萌え(笑)そして、ついにカフカが...見開きの変身シーンのカッチョ良さよ!隊員同士の絆も深まり、キコルの「それでも私はアイツを信じたい」って台詞にグッときました。2021/09/11

眠る山猫屋

67
保科副隊長の鮮烈な死闘。責任感と誇りを胸に、一歩も引かない男気。これにはカフカも見過ごせない。そして怪獣8号は拘束されてしまうが・・・。後半はカフカと第三部隊そしてミナとの絆。ひたすら正体を隠してきたカフカだが、培われた絆は思いの外、深かった。さて怪獣8号は人類の側に立てるのか。まだまだ試される展開が続く。2021/09/04

Bugsy Malone

66
自分の能力を知り、最大限の力を出し切りきっちりと次に繋げる保科副隊長、その潔さのなんとかっこいいことか!第3部隊の面々を見ていると、かの名作アニメの「なんと気持ちのいい連中だろう」というおじいさんのセリフを思い出してしまう。でも、なんだか不穏な展開になってきたぞ。2021/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18408806

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。