講談社文庫<br> コロボックル物語5 小さな国のつづきの話

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
コロボックル物語5 小さな国のつづきの話

  • ISBN:9784062770873

ファイル: /

内容説明

「心から」信じられるものがありますか? 信じられるものがあると、人は、強くなれる。260万人に読み継がれ、書き継がれる宝物! ――図書館に勤める杉岡正子は、日本に伝わる小人・コロボックルのことを描いた本『だれも知らない小さな国』に出会う。そして、「私が見たのはコロボックルかも」と著者に手紙を書いた。正子とコロボックルの関係は、驚くべき新しい出会いにつながる。心洗われるコロボックルワールド完結篇。<全6巻>
◎「コロボックル物語は、お守りであり、なぐさめであり、道しるべだった」<佐藤多佳子「解説」より>

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たるき( ´ ▽ ` )ノ

92
このシリーズに出逢えて良かった(´;ω;`)とっても素敵なお話でした。「もしかしたら本当にいつか会えるんじゃないか」と思わせてくれ、幸せな気持ちをたくさんプレゼントしてもらいました。大人になってからでしたが、充分に入り込んで読むことができ、本当に楽しかったです!2015/03/29

七色一味

61
読破。再読。佐藤さとるさんの手によるコロボックルシリーズの最終巻。全作を通読して感じられるのは、コロボックルと人間との関わりを綴った無限の環、だということ。その昔、せいたかさんを見出し、同時におちびさん(のちのママせんせい)を見出した彼らは、それをきっかけにするように、徐々に三角平地を飛び出し始めた。そんな中でマメ犬、おチャ公、タケルと巡りあいの環が広がり、コロボックルたちの生活も多様化を見せていく。そして今回。ひとりのコロボックルの娘がひとりの人間の女の子を見出す。(続く)2013/06/30

小梅

52
コロボックルシリーズ⑤2013/07/22

たか

46
『コロボックルシリーズ』第5巻。第1巻を読んだのは子供の頃で、特徴的なイラストと素敵なストーリーが印象に残っていた。最終巻を読んだのは大人になってからなので、子供の頃の感動がやや薄れてしまうのは残念。D評価2018/04/30

BlueBerry

43
とうとう終わってしまいました。この後スピンオフみたいな本があるのでそちらも読むつもりです。2013/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4322858

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。