講談社文庫<br> コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子

  • ISBN:9784062770200

ファイル: /

内容説明

日本が誇る小人、コロボックル。彼らは人間と「トモダチ」になる前に、細かく審議をする。つむじ曲がりのじい様(コロボックル)ツムジイは、コロボックルの迅速な動きが「見える」不思議な目を持つタケル(人間の少年)と「トモダチ」になった。二人の友情と別れ、タケルの成長、汚染された池の救出大作戦。思わず快哉! <全6巻>
◎「心の中に、大きな世界を。とても豊かな財産を。……コロボックル物語は、私たちの先頭を走って行くべき道を照らしだしてくれる」<中島京子「解説」より>

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たるき( ´ ▽ ` )ノ

75
こういう本を読むと、なんか心が落ち着くなぁ♪くすっと笑ってしまうような、可愛らしい場面が多くて楽しかった(*´ω`*)このシリーズは全部集めたいな☆2015/02/27

BlueBerry

34
気楽に読めて童心に帰れるので好きですよ。このシリーズは合えば全巻読む人が多そうです。1巻を読んでダメだったら諦めるのが良いと思います(笑。2013/09/20

NOBU

28
40年前の児童書を、今、大人の私が読んでも新鮮で楽しい世界が広がっている。その事実が又、驚きである。そして、夢中で読み耽った小学生の自分が思い起こされて、甘酸っぱいような気持ちが胸に溢れる。ツムじいのタケルを思う、種族と世代を超えた友情が心に染みる。環境に対する警鐘にも衿を正される。巻末の作者の時代毎の数種のあとがきが楽しく、中島京子氏の解説、これがまたええねん。2011/08/15

hitomi.s

27
コロボックルたちが味方にしたいと思ってくれる人間が居ることを、なんか嬉しく思います。子どもの頃から大好きなコロボックルシリーズ。つむじ曲がりのツムジィは、やっぱり大好き。子ども時代にこのコロボックルシリーズを手にした大人は、どれくらい居るのだろう。そんな想像も、秘密を共有しているみたいで、こそばゆく、たのしい。2020/05/18

おにぎり

23
コロボックルの長老ツムジのじいさまがつゆの水玉を眺めて、三日先の未来を予言するという。公園に住み込んで、三輪車に乗ったり石けり、なわとびで遊ぶ人間を見てまぬけな奴らだと吐き捨てる。田畑や用水地の埋め立ては間抜けかもしれない。用水地の水を水槽にうつす。その水の中でも水草、藻、魚、ミジンコが生息するので水の命がまわっていることは興味深い。話の展開では用水地の埋め立てを見合わせているが、その命のバランスを人間の都合で崩そうとするのがもどかしい。2021/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4010244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。