ビッグコミックス<br> BLUE GIANT EXPLORER(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
BLUE GIANT EXPLORER(1)

  • ISBN:9784098608133

ファイル: /

内容説明

舞台はジャズの聖地へ!アメリカ編開幕!!

「世界一のジャズプレーヤーになる」
日本で運転免許を取得し、
テナーサックスだけを手に、
アメリカに旅立つ宮本大。
その耳に飛び込んできたのは、
かつての仲間・雪祈もアメリカにいるという情報――――
大が降り立つ地は、西海岸のシアトル。
全米の街と土地と人を知り、新しい音を
生み出そうとする大の実験的冒険が始まる…!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

82
いよいよ大がジャズの本場アメリカに乗り込むアメリカ編が始まったが、大が降り立ったところはアメリカでもシアトルと驚きの幕開けだ。石塚さんの前作『岳』では、主人公・三歩と山に来た人たちとの交流を通して山を描いていて、三歩はどちらかといえば受け止める側だったと思う。一方、本シリーズの大は、仙台から東京、ヨーロッパ、アメリカと、知らない土地に飛び込んでサックスの腕を上げていく違うタイプのようにみえるが、二人とも真っ直ぐで人に好かれところは共通する。大の行動力と能力は、本場でも通じるのだろうか。次巻が楽しみだ。2020/11/02

こも 零細企業営業

53
シアトルは昔行った事あるけど。凄く良い街だった。 そして世界は広いよな、。2020/11/07

くりり

47
アメリカ編、なぜシアトル?ということは置いといて、また一からスタート、まずはロック♪との融合は称賛とブーイング2021/01/12

Tenouji

38
右も左もわからない、ヨーロッパ編の時のスタートと違って、人への信頼と、可能性が見えてるのが、違うよね。逆に、何が課題として襲ってくるのだろうか…いずれにせよ、これから。2020/11/14

らー

27
いよいよアメリカ上陸!もちろんワクワク感はありますが、少しマンネリ感も…。ユキノリとの再会には期待が募ります。2020/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16655830

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。