ビッグコミックス<br> 空母いぶき(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥699
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
空母いぶき(13)

  • ISBN:9784098606450

ファイル: /

内容説明

近未来軍事物語、堂々の完結!!!

「いぶき」を襲うのは

孅20から投下された多数の魚雷!!

護れるのかーーー!?

一方、「広東」艦隊に

空戦をくぐり抜けたF35が突入…!!

一撃を加えられるのか!?

尖閣を巡る長く猛き戦闘の決着とは…!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

TakaUP48

44
実に、14ヶ月ぶりの続編。もう一度(12)を読み直し、緊張を持って本に向かう!いよいよ、空母「いぶき」対「広東」の最終決戦となった。「いぶき」に向けられた魚雷の数々を辛うじてかわす。F35の残り1機が「広東」の直前にマッハ超えで侵入。そして、侵攻と戦闘に決着をつける!大方の処理を終え、秋津艦長は「広東」の甲板で劉艦長と会話をする。「国民を守らぬ軍はもろい。互いに、国民を守ろうとして戦争への道を回避した」。極度の緊張感の後にくる静けさに、身も心もドドッときてホッとした。現実には起きて欲しくない出来事だが…。2020/06/30

本木英朗

30
「いぶき」を襲うのは殱20から投下された多数の魚雷! 護れるのか――? 一方、「広東」艦隊に空戦をくぐり抜けたF35が突入……一撃を加えられるのか!?という13巻である。うーん、とりあえず日本軍と中国軍の対決は、これにて終わったと言えるのだけれど、それも含めてやはりちょっと俺にはねえ。まあ、これで完結ということである。・・…という感じでいいかな、うん。ではでは、バイバイ!!2021/06/07

かず

25
前巻から1年以上を経過しての最終巻。待ち遠しかった・・・前巻までは全て売ったので、細かいところを忘れてしまったが、ともかく読む。あっという間に読了。このお話で感じたこと3つ。①国民一人一人が当事者意識を持つこと。例えば1国の首相を「アベ」と呼び捨てにし、悪口を言い立てて留飲を下げているレベルではお話にならない。「自分がその立場だったら」ということを、そろそろ日本人は考えねば。②①と同様だが、メディアにこそそれを望む。批判ばかりのオールドメディアは見放されるであろう。③諦めないこと。日本人は、まだやれる!!2020/07/01

こも 零細企業営業

23
中国が間抜けに見えてしまう。ジェット機で魚雷か。。ミサイルじゃなくて魚雷。数キロ先から?距離感が理解出来ない。それに音速超えて敵艦スレスレの飛行もな、、、どんだけ恐ろしいんたよ。最後は敵軍の戦闘機を島の飛行場に着陸させるとかは良いと思ったけど、、、結局、何だったんだ?2020/08/15

Tomoichi

23
全13巻を大人買いして一気読み。あー面白かった。映画の方はイマイチらしいので観てませんが。佐藤浩市の件も不愉快だしね。2020/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15814950

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。