ビッグコミックス<br> 空母いぶき(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
空母いぶき(9)

  • ISBN:9784091898234

ファイル: /

内容説明

事態は最終局面、空母対決へッ!!!

護衛艦「せとぎり」を失い、「あまぎり」を迎えた第5護衛隊群。
向かい合う中国「広東」艦隊との空母対決が近づく中、現場海域を超大型台風が襲う。
そのわずかな休戦時間が終わる時、意外で苛烈な戦闘が始まる…!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

89
あっという間に9巻目になってしまったのですね。戦闘の場面が多く、空母同士で中国の司令官もかなりなやり手のようです。次巻で決着がつくのでしょうか?映画化の話が進んでいるようで、西島秀俊が日本側の主人公になるようです。2018/04/03

ネトマヨ

43
我が国の苦しい自縛状態がうまく描写されている。圧倒できるところでも抑制的な戦闘。いよい空母決戦。現実には空母ってどうなんでしょう。これだけ的になりやすい装備を一隻だけもって、これをあてにした諸計画をたてるのはどこか頼りない気がする。2018/05/11

momogaga

40
レンタル。頭脳戦。まさに白熱したゲームを見ている気分だ。日本の頭脳が勝てるか。2018/12/30

むっきゅー

35
「これは、第2次大戦後初の空母決戦なのだ」。ついに始まった今危機最大の山場。日中互いに選択した戦術が同じようなもの。しかし、専守防衛を堅持する日本はどうしても後手に回らざるを得ない。下地・宮古2つの空港を破壊され、航空戦力を削がれた我が国艦隊に対し、第2波の攻撃が迫る。そして、メッチャいいところで次巻に続く...。7月発売か。2018/04/05

かず

32
尖閣攻撃を成功裏に収め、続いて敵の主要戦力である空母「広東」の撃滅を期し、作戦開始します。敵に侵攻の意志がある以上、一方が戦闘継続不能になる迄、続けなければなりません。昨日、海上自衛隊の人員が定員の93%程であることを報道で知り、如何に兵器の優劣、海軍運用の熟練度が日本の方が上だとしても、マンパワーの不足は決定的な戦力差になりうるのでは、と戦慄した次第です。物語は、大型台風を回避する護衛艦隊と突入する中国艦隊との、また、「龍」と「竜」、りゅうを名前に持つ二人の対比が際立ちます。飛竜となるのは一体どちら?!2019/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12652312

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。