ビッグコミックス<br> 空母いぶき(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
空母いぶき(2)

  • ISBN:9784091872142

ファイル: /

内容説明

潜水艦、イージス艦、最新鋭機搭載の護衛艦…
新空母艦隊が「戦場」に向かう!!

「いぶき」就役の翌年、20XY年、
中国軍は突如、尖閣と先島諸島に上陸!!
島民全員が制圧下に入り、
陸自駐屯地も占領下に!!
「いぶき」第5護衛隊群は、命令を受け、
現場海域に急行しようとするが、
その途上、立ちふさがるのは
中国海軍潜水艦、2艦――――――!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

243
現実に日中衝突となると、こういうギリギリの駆け引きが常態化してくるんだなと思った。総理や現場の判断一つで戦端が開かれたりするのがスリル満点。自衛隊員が戦死する中、いぶき秋津艦長に安心する。現実に日本も過去に運用実績があるので空母必要だと思ったし、アメリカ抜きで戦えるシステムは国家独立の為には絶対に必要だと思う。そうでなければアメリカに言いなりになって無理矢理合意とかさせられることにも軍事力を他国に当てにしているツケだと思う。2015/12/31

KAZOO

93
第2巻です。いま米国艦船が中国の人工島の近くを回遊しているようで若干緊張感が高まりつつあります。そのようなニュースを聞きながらこの本を読むと今にでもありそうな気になってきます。中国が与那国、宮古島を占拠して、日本の偵察機をミサイルで打ち落とし犠牲者が出て・・・・。今後どのような展開に作者は持っていこうとしているのでしょうか?アメリカ、台湾、韓国の動向は?2015/10/29

kinupon

44
いよいよ日中激突。2019/06/20

momogaga

42
レンタル。ストーリーはあくまでフィクション、しかし、現在、起こりうる危機を精緻に描いている。現場のピリピリ感が胸に響いてくる。今巻であらためて国防とは何かを考えさせられた。2018/09/12

saga

38
明らかに日本国領土の自衛隊が駐屯する島が中国軍に占領されたのに、専守防衛の建前であっさり投降してしまうなんて! それが戦闘・戦争を望まない現実であるのだろう。作者のアンチテーゼとしての描写が読者に迫る。偵察機の撃墜から防衛出動となり、否応なく緊張が高まっていく。2015/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9812171

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。