GA文庫<br> 天才王子の赤字国家再生術6 ~そうだ、売国しよう~

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
天才王子の赤字国家再生術6 ~そうだ、売国しよう~

  • ISBN:9784815605353

ファイル: /

内容説明

「さて、どうしたもんかな」
青い海と白い雲、燦々と輝く南の太陽を鉄格子越しに眺めながら、ウェインは牢内で呟いた。
ソルジェスト王国との一戦に勝利し、不凍港の使用権を得たナトラ王国は、新たな交易相手を開拓するため大陸南方に位置する海洋国家パトゥーラに目を付ける。
ウェインは一気に話をまとめるため自ら交渉に赴くが、アクシデントの発生で、なぜか投獄される羽目に!?
パトゥーラ諸島における覇権の象徴・虹の王冠を巡って繰り広げられる骨肉の争い。嵐のような戦火の中、天才王子が新たな傑物との出会いを果たす、弱小国家運営譚第六弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

58
今度は南の諸島に交易締結に行くつもりが、相手が政変で滅んでいた。その滅した相手から臨検を受けろと言われ、逃走しようとしたら、、肝心な王子を海に落としてしまうwそして王子は南国の青い空を鉄格子越しに見ながら黄昏る。ただ身代金をアホみたいに値上げして、自身の身の安全を確保するのはさすがとも言える。そして、アッサりと脱出してついでに滅ぼされた家の後継も一緒に連れて行く。そして、諸島を統べる象徴の品を奪還するもウッカリ手を滑らせて、、、アレだけ緻密に計画するのにドジなのは笑えるw2020/02/15

よっち

50
ソルジェスト王国との一戦に勝利して、不凍港の使用権を得たナトラ王国。新たな交易相手を開拓するため大陸南方の海洋国家パトゥーラに交渉に向かうも、そこで覇権の象徴・虹の王冠を巡って繰り広げられる骨肉の争いに巻き込まれる第六弾。ナトラが勝ったはずなのに終わってみれば頭を抱える状況とかいうお約束展開からのスタートでしたけど、歴史資料を読んであんな劣勢の状況から覆してしまうウェインの智謀はほんと凄まじいですよね。そうそう予定通りにはいかないし、暗躍する存在は不気味ですけど、ニニムとのやりとりは微笑ましかったです。 2020/02/14

むっきゅー

48
南の島国・パトゥーラの内戦に巻き込まれたでござるという話。大規模な艦隊決戦が楽しい第6巻は、同時に水着回も兼ねているのであります。ニニムがめっちゃラブコメヒロインしていて眼福でした。トルチェイラ王女も水着になるので、ロリコン紳士の諸氏はこちらをお楽しみいただけるかと。さて、海戦においてもウェインの戦略が冴えわたるのですが、ボクとしては大陸を挟んだ南側に交易&同盟国を手に入れたことが、何よりも大きいと感じました。次巻は再び帝国編とのこと、楽しみですね。2020/02/16

わたー

47
★★★★★今回も面白かった。ソルジェストから不凍港を手に入れたウェインが目指すのは海洋国家であるパトゥーラ。しかし、パトゥーラに到着したウェインを待っていたのは、兄弟が血で血を洗う内戦だった。ということで、今回のテーマは海戦。衝角同士のぶつけ合いと敵船に乗り込んでの白兵戦という前時代的な方法での戦のため迫力には乏しいものの、数多の人が紡いできた歴史の力で不世出の天才を下すというのは読んでいて爽快だった。また、ようやく見ることのできた二ニムの水着姿の破壊力たるや…ファルまろさんありがとうございました。2020/02/24

オセロ

45
ソルジェスト王国との戦いに勝利して手に入れた港を有効活用する為に、南国のパトゥーラ諸島へと赴いたウェイン達が内乱に巻き込まれる今回の物語。 パトゥーラ諸島の主導権を巡って争っているザリフ兄弟の弟・フェリテのサポートをすることになったウェインですが、兄弟が繰り広げる海戦はなかなか読み応えがありましたね。 紆余曲折を経てパトゥーラ諸島との貿易締結を取り付けたものの、気になる引きで続きが気になります。2022/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15092978

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。