ビッグコミックス<br> リボーンの棋士(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
リボーンの棋士(5)

  • 著者名:鍋倉夫【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2019/12発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098604661

ファイル: /

内容説明

新章「竜皇戦編」開幕!初戦の相手は――?

長い長い激闘を制し、ついにアマ竜皇となった安住。
次なる舞台は、アマチュアではなく、プロの世界!

アマチュア優勝者としてプロ棋戦「竜皇戦」に招待され、
ここで結果を残せば念願のプロ棋士へ近づく大きなチャンスだが…
知らされた初戦の相手は、なんと安住の師匠だった。

安住が奨励会を去ってから3年、一度も会っていないこの二人。
安住が挫折の底から這い上がり、将棋を楽しむ心を取り戻した一方、
師匠・伊達もまた、大きな変貌を遂げていた――

棋界では、弟子が師匠に勝利することを「恩返し」と言う。
奨励会を去り一度は潰えた「恩返し」の夢を、いま再び果たせるか――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

alleine05

7
次巻予告で心配した収入面の問題はそれほど深刻なことにならなくて何より。まだどう転ぶかはわからないけど。そして次の対決へ。今回は安住やその対戦者の内面を直接描くのでなく、周りの観戦者の目を通して描いていたのが印象的だった。2020/03/01

6
4 新刊読了。アマ竜皇となり、プロ棋士と対局する権利を得た安住。そして、その初戦でかつての師匠であった伊達七段と対決することになる。伊達七段にとっても、安住に対してはさまざまな思いがあり…。ドラマそのものはよくありそうな話ではあるのだが、キャラクターがちゃんと生きてるから面白い。元バイト先同僚の森さんは安住にとってどうでもいい存在みたいな扱いをされて可哀想。続いてくれるかどうかが心配だが、まだまだ読みたい。今やっている将棋ものの中じゃ一番楽しみな作品。2019/12/30

やっちゃん

6
☆☆☆☆☆ 星5つ2019/12/27

Bubu

3
お正月に電子版購入一気読み。 主人公の明るさが不自然でなく応援できる。 はよ次巻。2020/01/31

でーたべーす

3
熱くなりそうな師弟対決。盛り上げてくるなあ2019/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14751039

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。