ビッグコミックス<br> リボーンの棋士(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
リボーンの棋士(3)

  • 著者名:鍋倉夫【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2019/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098603008

ファイル: /

内容説明

プロへの挑戦権をかけ、安住と土屋が激突!

アマ竜皇戦全国大会、ついに開幕。
ベスト4以上でプロ棋戦への出場権が得られるこの大会で安住と土屋が、プロへの挑戦権をかけて激突することに…
ネガティブ思考から練り上げた将棋で、覚醒する土屋。
一方、ポジティブを貫き、将棋を楽しもうとする安住。
相反する二人の棋風がせめぎ合い、火花を散らす中で、その対局は、想像を絶する高次へと突入する!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

alleine05

8
白熱の一戦。今回は勝負の描写が非常に熱かった。2020/02/29

nas

6
めちゃくちゃ熱いじゃねぇか2019/09/09

Susumu Kobayashi

4
全日本アマチュア竜皇戦に東京代表として出場した安住は、かつて奨励会に在籍していたが別の道を進んだ大津と対局する。大津は天才肌の棋士だったが、一皮むけた安住は大津に勝利する。出場者の中には実際に人間を相手に対局した経験のない中学生もいた。とうとう安住は土屋と勝負することになる。土屋は安住をぎりぎりまで追い込むが、安住は熟考の末に手をひねり出して勝利をものにする。一方、有望視されていた片桐は中学生に負かされてしまう。2020/07/10

水面頼光

4
それぞれの登場人物のそれぞれの物語。熱い。面白い。2019/09/15

4
4 新刊読了。相変わらず地味ながら面白い。土屋との対決はもう少し先かとも思っていたが、この大会中に激突。確かにこの方がテンポはいいのだけれど、そうなるとすぐアマチュアには敵なしになりそう。となると、プロ編入に向けて本格的に動き出すのだろうが、気になるのは編入に成功したあと、プロになってからをどの程度描くつもりなのか。例えばプロ編入試験に加治が出てきて勝って編入決めて終わり、の方が収まりは良さそうだが…。やっぱプロになるまでの、リベンジストーリーとしての過程がメインだろうから、あまり長期化はしなさそう。2019/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13594418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。