天地創造デザイン部(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

天地創造デザイン部(4)

  • 著者名:蛇蔵【原作】/鈴木ツタ【原作】/たら子【その他】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2019/08発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065168851

ファイル: /

内容説明

「メッチャ笑った!」「ためになる」「動物が可愛すぎる」と、SNSで話題沸騰! 天界にある動物の「デザイン室」では、神様(クライアント)からのムチャ振りを受けて、日々さまざまな動物がデザインされていた。「カメの甲羅は、ヒトで言うと〇〇の部分」「ものすごく耳が良い動物は?」「子どもより大人の方が小さい動物がいる!?」「珍妙な求愛行動大集合」など、面白くてためになるコメディ満載!! 大好評の「動物図鑑」も収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

35
「命に「呪い」なんて無いよ。むしろ生き物は生き延びる為の「祝福」だけで出来ている」。面白さが認知されて来たのか、帯の30万部突破の文字が誇らしげな最新刊。今回も「地獄のアトラクション向きの動物」に始まり「骨が武器」「キュンとくる求愛」「耳が良い」と言う(幾らか)妥当なモノから「完璧な社会を作る」「若返る」等のトンデモ案件まで、相変わらず無茶振りしまくりな神様(クライアント)の要求に答えるデザイン部の悪戦苦闘は続く。「完璧な社会」と「若返る」のお題への解答がなかなかに深い内容で唸る(以下コメ欄に余談)。2019/08/29

メガ猫親父

25
3巻は予想全外れでしたが、今回はカメとフクロウが当たりました。だけど、ハダカデバネズミは駄目でしたね。社会性というとすぐアリかハチだと思っちゃって。こんな社会性のある動物とは知りませんでした。うーん。まだまだ、意外性は健在ですね。2019/08/27

GM職員

22
創造主からの依頼を受けたデザイナー達が、地球上の生物を作り出す生物の不思議マンガ第4巻。相変わらず「骨が武器」だの「若返る」だの、無茶な依頼ばかりで今回もデザイナー達は四苦八苦。改めて見ると、フクロウとペンギンが同じ鳥類というのも面白いよなぁ。あとナガレガエルは最高にイケてるカエル。そんな調子で科博の標本や動物番組で見た動物が出てくると、ちょっと鼻が高いのでした。でも象が脚(骨伝導)で音を聞いているなんて知らなんだ!前巻の感想で「勢いが落ちたかな」とか生意気言ってスミマセン…今回も面白かった!2019/09/24

あこさん

22
面白かった。クライアント神さま いよいよ出てくるかと楽しみにしてたんだけど 結局お預け。今巻ではフクロウの成り立ちとペンギン対決が良かった。解説までしっかり読んでためになる漫画。2019/08/30

きょん

18
今回も面白い。グレイマンの造形からフクロウへ行きつく過程に驚愕。そしてハダカデバネズミの完璧な社会にはちょっと背筋が寒くなった。2019/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14213146

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。